犬も虫歯になる! 虫歯の見分け方・治療費・予防法とは?

犬 虫歯 黒い うつる 見分け方
気になる病気

Sponsored Links

あなたは愛犬の歯磨きを、どのくらいの頻度でおこなっていますか?
意外と知られていませんが、人間と同じように、犬も虫歯になってしまうことがあります…。
今回は、愛犬が虫歯になってしまったときの治療方法や費用、虫歯を予防するためにはどうすればよいのかを見ていきましょう!

歯磨きを怠ると命を脅かす危険な病気を招くことも!

犬も虫歯になる! 犬の歯垢は歯磨きをしたあと6時間で再び付着する!?

犬 虫歯 黒い うつる 見分け方写真の赤い丸で囲った部分は、歯石が溜まり黒くなってしまった歯の写真です。
特に、写真右側の小さい丸で囲った部分は、歯の全体が黒くなっていることがわかります。

犬の歯垢は完全に除去しても6~8時間で再び付着して、3~5日経つと歯石になってしまうので、1日1回は歯磨きを行うことが理想です!

この写真くらいの歯石であれば、毎日の歯磨きでほかの歯まで黒くなることは防ぐことができますが、一度黒くなってしまった歯は普通の歯磨きでは白い歯に戻ることは残念ながらありません。

虫歯は歯磨きを怠ることにより、歯垢の中で作りだされた酸やタンパク質の分解酵素が、歯のエナメル質や象牙質を溶かすことにより起こります。

犬の唾液は、アルカリ度が人よりも高いので、虫歯にはなりにくいですが、歯垢が付きやすいため、歯周病になりやすいという特徴があります。

特に歯周病は最近増加中で、悪化すると下顎の骨折や心臓病や細菌性肺炎を起こしたり、腎臓や肝臓など命に関わる病気にも影響があると言われています。

虫歯を治す3つの治療法と費用 虫歯の治療費はどれくらい高い!?

虫歯になりにくいといわれている犬ですが、もし虫歯になってしまった場合は、主に3つの治療法があります。

虫歯を削って埋める

虫歯の治療法の1つ目は、初期段階に行われることが多い虫歯を削って埋める治療です。
この治療にかかる費用は動物病院によって多少の差はありますが、全身麻酔で行われることがほとんどなので、約30,000円ほどかかる治療です。

歯髄を除去する

虫歯の治療法の2つ目は、虫歯が進行して神経に達した場合に行われるもので、歯の神経である「歯髄」除去する方法です。
この治療には、50,000円ほどかかります。

抜歯

虫歯が初期の治療で治らなければ、歯を抜かなければならないこともあります。
乳歯の場合は、1本あたり約5,000円
永久歯の前歯の場合は、1本あたり7,500円
永久歯の奥歯の場合は、1本あたり10,000円くらいかかるようです。

この費用は、歯科医療を行っている動物病院の料金なので、病院によって料金は異なります。

犬 虫歯 黒い うつる 見分け方ちなみに、愛犬のキャンディは乳歯が避妊手術をする8ヶ月頃になっても抜けなかったため、麻酔をかけるついでに500円で抜歯をしてもらいました。

キャンディの場合は虫歯ではなかったので、料金がかからなかったのかもしれませんが、病院によって料金には差があるため、上の料金は参考程度にしてください。

愛犬の虫歯の予防には歯磨きが効果的! 愛犬を虫歯から守ろう!

虫歯にならないようにするためにはどうすればいい!?

犬 虫歯 黒い うつる 見分け方
虫歯の予防で効果的なのは、人と同様に歯磨きをすることです!

犬の歯は、生後半年くらいから永久歯に生え変わるので、その頃から歯磨きを始めると歯の生え変わりの促進にもつながります。

小さい頃から飼い主さんが口に触ることになれさせ、徐々にペーストなどを利用して歯に触れるようにすることで、その後の歯磨きもスムーズに行えます。

歯に触ることになれたら、子供用の歯ブラシや歯磨きシート・ブラシを利用して、磨きやすい位置から奥歯も磨けるようにしていきましょう!

人間の虫歯は犬にもうつる!? スキンシップでもキスはNG

犬 虫歯 黒い うつる 見分け方人間の口内にある虫歯は、キスや口移しをしてエサを与えると、愛犬に人間の虫歯がうつってしまうことがあります。

愛情表現やスキンシップで、愛犬にキスをする飼い主さんも多いですが、愛犬の歯の健康のためにはあまりオススメはしません。

モーリンのつぶやき

わんちゃんは保険がきかないので、どの治療法も人間に比べると値段が高く、歯の治療を専門に行う病院もまだ少ないのが現状です・・・。

人間でも予防歯科が注目されていますが、愛犬にも苦しい思いをさせないように、日々のケアをしっかり行うことが大切ですね!

 icon-arrow-down こちらの記事もおすすめ

関連記事一覧