犬が震えているのは寒いから? 子犬や小型犬がよく震えるのはなぜ?

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気
気になる病気

Sponsored Links

愛犬の体がぶるぶると震えていると、「病気じゃないかな?」と心配になってしまいますよね。
犬は病気や老化が原因で震えることもありますが、このほかの原因でも震えることもあります。

犬が震えているのはなぜ?

寒さを感じて震えている

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気
犬は毛に覆われているので、寒さには強いと思うかもしれません…。

しかし、暖かい国が原産の犬種、プードルやマルチーズ、ヨークシャーテリアなどのシングルコートの犬種は、寒さに弱いです。

犬は寒さを感じたときに、筋肉を細かく動かして、熱を発生させて体温をあげることができますが、この筋肉の動きが、ぶるぶると震えているように見える原因です。

また、体温調節機能が低い子犬や高齢犬も寒さには弱く、チワワなどの小型犬は体が小さいので、大型犬に比べるとぶるぶると震えていることが多いです。

寒さが原因で震えている場合は、室内の温度管理を行って、外に出るときには風を通さない服を着せるなど、寒さ対策を行ってください。

緊張や恐怖のため震えている

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気雷や花火などの大きな音を聞いてびっくりしたとき、苦手な人や犬と会ったとき、動物病院に連れていかれたときなど、緊張したり、恐怖を感じたときにも震えることがあります。

愛犬が苦手なものには、できるだけ接触しないようにして、ストレスを少しでも減らせるようにしたいですね。

筋力が低下している

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気
高齢になって筋力が低下すると、立ち上がったときや歩くときに、足がプルプルと震えることがあります。

愛犬が高齢になってきたら、足腰を傷めないように、床を滑りにくくするなどの対策をするといいかもしれません。

病気・中毒が原因で震えている

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気
てんかんや膵炎など、病気が原因で体が震えていることがあります。

関節炎やヘルニアなどが原因で、痛みがあるときにも動くのを嫌がり、痛みを隠して耐えるように震えることもあります。

また、チョコレートやタマネギなど、犬が食べると中毒を起こす食べ物は、口にすると震えや嘔吐などの症状があらわれます。

体の震えだけではなく、発熱していたり、食欲不振や嘔吐をする、元気がないときは動物病院を受診することをおすすめします。

ペットショップで抱っこをすると震えているのはなぜ?

初めての人に抱っこされて緊張している

犬 震える 高齢 寒い 元気がない チワワ 足 病気
ペットショップで犬を抱っこしたときに、犬が震えていたことはありませんか?

とても元気でぴょんぴょん飛び跳ねていたやんちゃな子犬が、抱っこをされると、借りてきた猫のように、おとなしくなってしまうことがあります。

ときには、プルプルと震えることもありますが、これはケージの外へ出て寒いから震えているときと、初めての人に抱っこをされて緊張していることが考えられます。

私が働いていたペットショップでは、犬や猫がいる部屋は、常に一定の温度がキープされていたので、外に出て温度差で震えていることがありました。

家族になってからは、「あの時はどうしてあんなにおとなしかったんだろう?」と感じるのではないでしょうか。

しかし、病気で震えている可能性もゼロではないので、病気や先天性の疾患がないかどうか、気になるときは店員さんに確認をしてください。

参照サイト:犬が震える理由と原因、対処法もご紹介【獣医師が解説】

モーリンのつぶやき

チワワやトイ・プードルなどの小型犬は、体が小さいので、体温調節をするために、よく震えていることがありますよね。

犬の震えは病気や老化が原因の可能性もありますが、子犬や若い犬では体温調節をしていたり、怖がっている・興奮していることが多いので、落ち着いて原因を見つけてください。

関連記事一覧