• HOME
  • ブログ
  • 動物愛護
  • 日本とは違う動物愛護先進国のドイツの取り組み ドイツにはペットショップがない!?

日本とは違う動物愛護先進国のドイツの取り組み ドイツにはペットショップがない!?

動物愛護 先進国 犬 日本 海外 イギリス アメリカ ドイツ 犬税
動物愛護

Sponsored Links

テレビのニュースなどで、動物愛護の先進国として、取り上げられることが増えてきた「ドイツ」。
動物愛護の先進国といえば、イギリスのイメージが強かったのですが、ニュースを見ているとほかの国には負けない、ドイツの動物愛護に対する強い思いが見えてきました!
今回は、動物愛護先進国ドイツの日本とは違う、動物愛護の考え方や制度をみていきたいと思います!

日本とはどこが違う!? ドイツの動物愛護に対する考え方

電車やバス、レストランなどの公共の場所はキャリーバッグに入れなくてもOK

動物愛護 先進国 犬 日本 海外 イギリス アメリカ ドイツ 犬税日本では、盲導犬などの補助犬の場合を除いて、公共交通機関はペット料金を払い、キャリーバッグを使用しないと、犬を乗せることはできませんよね・・・。

しかし、ドイツではキャリーバッグを使用せずに、抱っこをしたままで、公共交通機関に乗ることができます。
大型犬でも小型犬と同じく、そのまま乗車できます!

日本で犬を抱っこをしたまま電車に乗っている人がいる光景は、あまり想像ができませんね・・・。

電車の中で毛が抜けたり、アレルギーがある人はどうしているのか、若干気になりますが、動物愛護の進んだドイツにとって、これは常識のようです!

また、ドイツでは飼い主さんのしつけに対する意識が高く、トレーニングスクールでしっかりとしつけをされるため、レストランなどにも普通に入ることができます。

ドイツにはペットショップがない ペットはブリーダーorティアハイムから家族に迎える

動物愛護 先進国 犬 日本 海外 イギリス アメリカ ドイツ 犬税
日本では犬や猫を飼いたいと思ったら、ペットショップで飼いたい犬種を選び、家族になるというパターンが多いかと思います。

一方、ドイツには、なんとペットショップがありません

ドイツでは、ブリーダーさんから子犬が生まれたら連絡をもらい、家族にむかえるという体制が整っているそうです。

ペットショップがない国は、ドイツだけではありませんが、ペットショップがないことで、シェルターなどから保護犬をむかえる家族が増えるため、殺処分の減少に繋がっているようです。

ブリーダーから犬を家族にむかえることのメリットは、ペットショップでは教えてくれない子犬のお母さんなどの情報を得ることができること、実際にどんな環境で子犬が生まれて育ったのか、自分の目で見て確認することができることです。

私はペットショップで働いていた経験があり、ペットショップのよい面・悪い面を知っているので、個人的な意見としてはペットショップではなく、保護施設の利用が増えてほしいと思います。

ドイツでは、ティアハイム(動物の家)という動物保護施設が約550ヶ所あり、犬だけでなく小動物やは虫類など、さまざまな種類の動物を保護して、新しい家族を探しています。

ティアハイムでは、エサなどの動物の世話にかかる費用は、会員からの寄付や募金で集めた資金のみで運営をしているようです。寄付金だけで施設を運営しているなんて、すごいですね!

犬を飼うと犬税を払う義務がある

動物愛護 先進国 犬 日本 海外 イギリス アメリカ ドイツ 犬税ドイツでは、市町村によって差はありますが、犬を飼うと年間1万~2万円ほどの「犬税」を払わなくてはならないそうです!

「犬税」は、飼育頭数が増えるほど金額が上がるので、小さくてかわいいから・流行っているからなどの安易な理由で、犬を飼ってしまうことを防ぐことができます。

また、ピットブルなどの闘犬は、犬税の金額が倍以上高いそうで、珍しい・かっこいいからなどの理由で飼ってしまわないようにする対策でもあるようです。

日本では、犬税の導入を検討した地域があるようですが、導入されることはありませんでした。

モーリンのつぶやき

犬税やキャリーバッグを使用しなくても公共交通機関が利用できるなど、ドイツには日本とは違う動物愛護の取り組みがあることがわかりました!

ティアハイムは、見学会など行っているようなので、ドイツに行ったときにはぜひ見学したいと思います!

あなたは、ドイツのこれらの取り組みをどう思いますか?

関連記事一覧