猫の爪はどこまで切ってもいい? 暴れる猫はどうやって爪を切る?

猫 爪切り 必要 病院 どこまで
気になる病気

Sponsored Links

猫の爪には血管が通っているため、初めて猫を飼う方は、どれくらい切ったらいいのかわからず悩んでしまいますよね・・・・。
今回は、猫の爪の切り方、高齢ネコに注意してほしい巻き爪と、暴れるネコちゃんの爪切りのコツを紹介していきます!

猫は爪をとぐから爪切りは不要!? 猫に爪切りが必要な理由とは?

爪切りはどんな種類がある?

猫 爪切り 必要 病院 どこまで
猫の爪は、人の爪とは違い血管が通っているため、爪切りをする際には注意が必要です。

家庭用の爪切りは、写真のようなはさみタイプのものと、穴に爪を入れてカットするギロチンタイプの爪切りの2種類が一般的です。

ギロチンタイプは、トリミングサロンや動物病院で使用されていますが、慣れていないと使うのは少し難しいかと思います。

猫用の爪切りはいくつか種類はありますが、猫の爪は人用の爪切りでも切ることができるので、あまりこだわらなくても大丈夫です。

猫は自分で爪をとぐのになぜ爪切りが必要なの?

ところで、「猫は爪とぎをするから、爪を切る必要はない」と思ったことはありませんか?

実は猫が爪をとぐ理由は、猫の爪は何層にもなっていて、その層から古い層の爪を剥がし、とぐことで爪を鋭くとがらしておき、いつでも獲物を捕まえられるように、準備しておくためなんです!

そのため、爪をといでいるから爪が短くなっているのではなく、爪は逆に鋭く尖った状態になります。

猫 爪切り 必要 病院 どこまで
爪がとがっていると、ネコちゃんを抱っこするときに、飼い主さんが引っかかれてしまったり、カーテンや家の壁をぼろぼろにしてしまうこともあります。

これらを防止するためにも、猫の爪切りは欠かさずに行う必要があります。

自宅で猫の爪切りをスムーズに行う方法

猫 爪切り 必要 病院 どこまでいざ猫の爪切りをしようと決心しても、猫の爪の中には血管が通っているため、特に飼い始めたばかりの方は、どこまで切ってもいいのかわからず心配になってしまいますよね💦

猫の爪をよく見ると、透明な部分と、ピンクの部分があり、ピンクの部分には神経と血管があるので、切りすぎると出血してしまいます。

 icon-arrow-up ここで上の写真を見ながら、爪の切り方を解説していきたいと思います!

猫の爪の切り方

1.猫を仰向けに抱っこして、足先をそっと握り、爪の生え際を優しく押して爪を出します。

2.爪はカーブしているので、上の写真のようにカーブしている外側から、爪切りに爪の先端を通して、爪
 を切ります。

 icon-asterisk 血管を切って血が出てしまったら、すぐにティッシュなどで圧迫してください。

 icon-asterisk ペットショップには、止血剤が売っているので、出血してしまったら、止血剤を切り口に押し当てて止血しましょう。
 止血剤がない場合は、小麦粉でも代用できます!

高齢ネコは巻き爪に要注意! 巻き爪が原因で出血してしまうことも!

爪は伸びすぎると肉球に刺さって出血する可能性もあり!

猫 爪切り 必要 病院 どこまで猫は爪とぎをすることで、古い爪の皮を剥がし、さらに飼い主さんが爪切りをすることによって、爪を健康的な状態で保つことができます。

しかし、高齢になってくると、猫はあまり爪とぎをしなくなるため、古い爪が剥がれ落ちずに残ってしまい、爪が太く巻き爪に変形してしまうことがあります。

 icon-arrow-up すると上の写真のように、伸びた爪が肉球に突き刺さってしまい、出血したり歩き方や関節にも悪影響を及ぼします。

暴れる猫や爪が太く巻き爪になってしまったらどうすればいい?

猫 爪切り 必要 病院 どこまで猫の爪を切る場合に大変なことは、ネコちゃんが暴れて爪が切れないことです。
しかし、無理に押さえつけてしまうと、ネコちゃんは爪切りが大嫌いになってしまいます。

小さい頃から定期的に爪を切ると慣れてくれますが、何回トライしても爪切りを嫌がる子のほうが多いです・・・。

猫が暴れてしまいどうしても爪が切れない場合に、家庭でできる対策法は2つあります。

暴れる猫の爪を切る方法

1.猫をタオルで優しく包み込み、猫が爪を切っているところを見られなくする方法。
タオルで優しく包むと、爪切りが見えないので、不安が和らぎ、暴れなくなることが多いです。

2.洗濯用ネットに入れて爪だけ出す方法。
洗濯用ネットは、猫の保護などにも使われるもので、包み込んでも穴が開いているので、窒息してしまう心配がありません。

この方法を試してもどうしても家庭で爪が切れない場合や、高齢の猫が爪が太く巻き爪になってしまった場合は、動物病院で爪切りをしてもらうことをオススメします。

動物病院では、タオルやネットを用いることがありますが、獣医さんが丁寧に爪を切ってくれます。
私の近くの動物病院は、1匹300円で爪切りをしてくれます!

参照サイト:獣医さん直伝!愛猫の爪切りは「ちょい切りルール」で簡単に!

モーリンのつぶやき

高齢のネコちゃんや暴れてしまうネコちゃんは、動物病院で爪を切ってもらうのが1番いい方法なのではないかと、個人的には思っています!

太く巻いてしまった爪でも、家庭では使わない大きい爪切りで、ぎりぎりまでカットしてくれて安心です。

料金や爪切りを行っているかどうかは、動物病院によって違うので、かかりつけの病院で確認してください。

 icon-arrow-down こちらの記事もおすすめ

関連記事一覧