猫のひげは切ってはいけない!? 猫のひげはどんな役割がある?

猫 ひげ 役割 感情 切ってはいけない
ねこちゃん雑学

Sponsored Links

猫のひげは、「神経が通っているから切ってはいけない」という話をよく聞きますが、それは本当なのでしょか?
今回は、猫のひげはどのような役割があるのか、なぜ切ってはいけないのか見ていきたいと思います!

猫のひげは何本!? 猫のひげはどんな役割がある?

猫のひげはどこに生えているの?

猫 ひげ 役割 感情 切ってはいけない猫のひげは、洞毛(触毛)と呼ばれていて、口の周りに生えている毛だけではなく、目の上や顎の下にも生えています。

猫のひげは、顔に生えている全てのひげを合わせると、50本~60本あるといわれています。
ひげが生えている場所によって、それぞれに異なる名前がついてます。

眉上毛・・・目の上に生えている長いひげで、目や頭を傷つけないように危険を察知します。

口角毛・・・猫の口角の直線上にある短いひげで、1~2本生えています。

上唇毛・・・口の少し上に生えている、猫を象徴するひげで、左右合わせて24本ほど生えています。

頬骨毛・・・目の下の頬骨の上に2本ほど生えているひげですが、生えていない猫もいます。

下唇毛・・・顎に生えている短いひげで、視界に入りにくい顎の下にある障害物を察知します。

猫のひげはどんな役割がある?

猫 ひげ 役割 感情 切ってはいけない猫のひげは、5種類に分けられますが、その中でも眉上毛は、目や頭を守るためのセンサーの役割があり、長いひげを使って、空気の流れを感じ取っています。

猫の視力は、人間の10分の1(0.1~0.2)のため、目で獲物を見つけて捕まえることは難しいです。
そのため、ひげを使って獲物の動きを振動でキャッチして、獲物を捕まえています。

空気の流れをキャッチして、獲物を捕まえることのほかにも、猫はひげで障害物との距離感をつかんだり、幅の狭いところを歩くときにバランスを取るためにひげを使っています

猫は、頭が通れば体も通ることができるといわれますが、猫は狭い場所を通るときに、顔を入れてひげが当たらないかを確認して、通れるかどうかを判断しています。

猫のひげには神経が通っている? なぜ猫のひげは切ってはいけないの?

猫のひげは神経が通っているの?

猫 ひげ 役割 感情 切ってはいけない猫のひげは、神経や血管が通っているといわれることがありますが、ひげは抜けることがあるので、今はこれを否定している人もいるようです。
ひげが自然に抜けているのに、抜け落ちるときに痛みがあったら、大変なことになりますよね💦
神経が通っているのかについては、諸説あるようですが、ひげはセンサーの役割をしている大切な感覚器であることは間違いありません。

 icon-asterisk 神経や血管が通っているかということは、諸説あるようなので、参考程度にしてください。

猫のひげを抜いてはいけないのはなぜ?

猫のひげを切ってはいけないと言われるのはなぜでしょうか?

猫のひげは、被毛などの毛と比べると、3倍ほど深く皮膚の下に埋まっています。
そのため、ひげは簡単に抜けることはなく、強く引っ張るとかなり痛みがあるようです。

「猫はヒゲを切るとネズミを捕らない」と、昔から言い伝えられているように、ひげを切ると猫の能力が劣るというほど、猫にとってひげは大切なものです。

猫 ひげ 役割 感情 切ってはいけない猫は視力が弱いため、それを補うために、猫はひげでバランスと取ったり、狭いところに入れるのかを判断しているので、ひげを切ってしまうと、これらのことができなくなり、猫の生活に支障をきたしてしまいます。

猫のひげは、自然に抜け落ちるので、絶対に切ってしまわないように注意してください!

猫のひげの向きからわかる猫の心理

猫のひげは、ひげが向いている方向で、猫の気持ちを知ることができます。

猫のヒゲが下向きになっているときは、普段の刺激がなく、リラックスしている状態です。

前向きに広がっているときは、興味や警戒心があり様子をうかがっている状態です。
新しいおもちゃに興味があるときや、お客さんが来て警戒しているときなどによく見られます。

また、恐怖を感じたときには、ひげは引っ張られたように、頬に近づきます

参照サイト:猫待合い | ノア動物病院

切っちゃダメ!猫のひげに隠されたはたらき

モーリンのつぶやき

猫のひげに神経が通っているのかは、調べてみて結論が得られなかったので残念ですが、猫のひげにはさまざまな役割があることがわかりました!

特に、小さいお子さんがいる家庭では、遊んでいるときに猫をつかんでしまうことも度々あると思いますが、そのときにひげを抜いてしまわないように、お子さんが猫と遊んでいるときは、側にいていただきたいと思います。

関連記事一覧