寝相で愛猫の警戒心がわかる!? 寝相で愛猫のリラックス度を見てみよう!

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理
ねこちゃん雑学

Sponsored Links

以前、「我が家の愛犬は楽天家? 寝相で愛犬の性格判断をやってみよう!」という記事で、寝相から読み取れる愛犬の性格を紹介しました。
しかし、わんちゃんだけではなく、ネコちゃんも寝ている場所や寝相から、リラックスしているのか警戒しているのかがわかるようです♪
今回は、寝相から読み取れる愛猫の警戒度を、6つの寝相を見ながら紹介していきたいと思います!

猫は何時間寝ているの? 室内温度で猫の寝相が変わる!?

猫の寝相は室内の温度によって変わる?

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理 仰向け猫の睡眠時間は、14~16時間、子猫だと20時間の睡眠時間で、1日の3分の2を寝て過ごしています。

猫の睡眠時間が長い理由は、狩りや縄張り争いなどに備えて、エネルギーを蓄えるためです。

ちなみに、猫が快適だと感じる温度は18~26℃、湿度は50~60%です。

猫は室内の温度が、13・14℃以下だと丸くなって眠ることが多くなり、温度が上がっていくと、横向きや仰向けで眠るようになります。

室内の温度によって、猫の寝相は変わりますが、なんと猫の寝相を見ると、猫の警戒心や性格を知ることができるのです!

もちろん寝姿だけで、猫の性格や気持ちがはっきりと決まるわけではないので、参考程度に楽しんでくださいね♪
さぁ、寝相診断へLet’s Go!

6つの寝相や寝ている場所から読み取れる猫の警戒度

安心度MAX! 仰向けは最高のリラックス状態

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理 仰向け
お腹を出して、仰向けて寝ているときは、すっかり安心しきっている状態です。

猫にとってお腹や喉は柔らかく、狙われたら命に関わる危険な部位なので、その急所をさらけ出して寝ているということは、リラックスしている証です。

飼い主さんに対して、心を開いて信頼していることが、この寝相から読み取れます!
この体勢で寝ていたら、急に動いたり大きな音を出して驚かせてしまわないように、注意してください。

横向きで頭が下についているときは安心しているサイン

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理
横を向いて、お腹が見える状態で寝ているときも、仰向けよりはやや控えめですが、安心して寝ているといえます。

猫は頭が高い位置にある方が、周りを見渡すときに見やすくなるので、警戒しているときは、頭は持ち上げていることが多いです。

写真の猫のように、頭がぺちっとついているときは、安心して寝ているサインでもあります。

また、前脚の上に顎を乗せている猫もよく見かけますが、これは頭をつけて寝ているときよりも、頭の位置が高いところにあるため、やや警戒気味だと言えそうです!

香箱座りの姿で寝ているときは戦闘態勢がオフモード

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理
猫が前脚を胸の奥(内側)へ折り曲げている体勢を、香箱座り(こうばこずわり)といいます。

この姿勢は、手脚を折りたたんでいるため、すぐ立ち上がることができない状態なので、戦闘態勢ではないことが見てわかります。

香箱座りで寝ているときは、横になって寝ているときとは体勢が違いますが、愛猫が安心して寝ていることが、この寝相を見てわかります。

ちなみに、香箱座りと似ている姿勢で、犬でいうとフセをしているような、手を前に出している体勢は、スフィンクス座りといいます。

スフィンクス座りは、手を胸の下に織り込んでいる香箱座りとは違い、すぐ逃げられる体勢なので、香箱座りよりも警戒モードだと考えられます。

体を丸めて頭は前足の上に置いているのは警戒気味

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理体を丸めて寝ている理由は主に2つで、一つは丸まることで、体温を保って寒さをしのぐためです。

体温保持のほかには、体を小さく丸めることで、敵に見つかることを防ぐためにしています。

また、丸まることで、狙われたら致命的なお腹をかばっているともいわれています。

この寝相は、やや警戒している状態、または臆病な性格なのかもしれません・・・。

しかし、この寝相は猫によく見られるもので、冬などはこの寝相で寝ている猫がほとんどなので、「うちの子、ずっと警戒しているのかな」と心配する必要はありません。

高いところで寝ているのは野性時代の名残

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理
猫が野生で暮らしていた頃は、木の上で生活をしていたといわれるように、今でも猫はキャットタワーやソファーやベッドなど、高いところが大好きですよね。

猫が高いとこに上る理由は、ほかの動物に襲われる心配が少ないからです。

猫にとって高いところに上ることは、危険回避の行動であるため、高いところで猫が寝ているときは、やや警戒している状態でもあるようです。

狭いところに入って寝ているのは・・・

猫 寝相 丸まる 伸びる 気持ち 性格 心理狭いところは、敵に襲われる心配がないので、猫にとって安心できる空間です。

猫は自分の体より小さい段ボールや袋に入ったり、箱があると興味津々で寄ってきて、その姿もとてもかわいいですよね icon-heart 

狭いところに入ろうとするのは、猫の本能で、狭い空間が安全だと知っているからです。

狭い空間ばかりを選んで寝てるときは、飼い主さんに対して警戒している可能性があるので、愛猫との関わり方を少し見返してみてください。

モーリンのつぶやき

あなたの愛猫は、どんな寝相で寝ていることが多いですか?

猫の寝相や場所は、コロコロと変わることが多いですが、あまりにも隅の方で寝ていたり、飼い主の手が届くところで寝ていときは、愛猫が警戒しているのかもしれません。

犬は、床やわんちゃん用のベッドで寝ていることが多いかと思いますが、猫は高いところに上ったり、ベッドやソファーの下に隠れたり、何かの中に入ったり、犬とは寝方が異なります。

ぜひ、愛猫がどこでどんな体勢で寝ているのか、一度観察してみてください♪

 icon-arrow-down オススメの記事はこちら

関連記事一覧