猫が大声で鳴いているときの5つの理由 「アオーン」という鳴き声の意味は?

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い
問題行動・しつけ

Sponsored Links

猫というと、物静かでおとなしいイメージですが、本気で鳴いたときの大きな声にびっくりすることも…。
猫が「にゃ~お~」と大声で鳴いているのは、一体なぜなのでしょうか?

猫が大声で鳴く理由とは?

鳴き方でわかる猫の気持ち

知り合いが猫を飼い始めて、「猫ってこんなに鳴くの~!?」と驚いていましたが、我が家の愛猫2匹もかなり大声で鳴くことがあります。

猫の鳴き声のバリエーションはたくさんあり、鳴き方から猫が何を訴えているのか探ることができます。

ニャー、ニャーオ:ごはんや遊んでほしいとき、部屋に入りたいときなど、お願いしているときの鳴き声です。

ニャッ、ウニャ:「よっ!」「やぁ!」といった軽いあいさつです。

アオーン、オワーン:「どうしよう」「助けて」など不安や苦痛のときの鳴き声です。

シャー:「こっちに来ないで」「何をするんだ」と怒っているときの鳴き声です。

ナオーン:発情しているときの鳴き声です。

甘えている

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い アオーン
ニャー、ニャーオ、ミャーオなど、よく耳にする猫の鳴き方は、「ごはんちょうだい」「かまって、なでて」という甘えているときの声です。

ごはんを準備していると、とても甘い鳴き声で、足元にすり寄って来ることがあるのではないでしょうか?

お腹を見せたり、おもちゃをくわえて持ってきたときは、かまってほしい、遊んでほしいときなので、猫がもういいわとなるまでコミュニケーションを取ってあげたいですね!

甘えているときは、喉をゴロゴロと鳴らしていることもありますが、これは喜んでいるサインといわれています。

子猫のときに、お母さん猫に「私はここにいるよ」と伝える合図の役割もあったゴロゴロですが、音がいつもより高いなと思うときは、飼い主さんに何かを訴えていることもあるので、気になることがないかチェックしてみてください。

怒っている

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い アオーン
猫は怒っているときは、「シャー」という空気の抜けたような声を出します。

多頭飼いをしている場合は、相手の猫にしつこくされてイラっとしたときに、「シャー、シッー」と威嚇をします。

また、しつこくかまわれたり、抱っこをされたときには、「もうやめて!」と飼い主さんに威嚇をするときもあります。

猫は気まぐれなので、怒りを爆発させない程度にかわいがってあげましょう💦

ストレスが溜まっている

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い アオーン猫が飼い主さんに何かを訴えているときには、「アオーン」という大きな声を出すことがあります。

これは、昼夜問わず大声で鳴くため、「うるさい」と思ってしまう飼い主さんも多いようです。

この鳴き声のときは、強い欲求があることが多く、飼い主さんへ真剣に思いを伝えようとしています。

猫用のケージで猫を飼っている場合は、外に出たくて大声で鳴いている場合があります。

また、違う部屋に行きたいからドアを開けて、ごはんが欲しい、トイレを掃除してほしいなど、若干のストレスを感じているときには、とにかく大声で鳴きます。

「アオーン」と鳴いているときは、理由を探って、愛猫がストレスを抱えてしまわないように対策をしましょう。

発情している

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い アオーン
発情しているときも、猫は大きな声で鳴きますが、「ナオーン」という特徴的な鳴き声を出します。

「アオーン」と同じく、「鳴き声がうるさくて寝られない」など、飼い主さんのストレスの原因になることがあります。

避妊・去勢手術をすると、この「ナオーン」という大きな声はおさまるので、子猫を生ませる予定がないときは、手術することを検討してみてください。

病気

猫 鳴く うるさい かわいい おかしい 威嚇 低い アオーン
高齢の猫の場合は、認知症や甲状腺機能亢進症などの病気が原因となって、大きな声で鳴いていることが考えられます。

甲状腺機能亢進症は、発育や新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌が、活発になりすぎてしまうため発症します。

動きが活発になる、食欲が増す、発情期のような夜鳴きをするなど、病気とは気づきにくい症状があらわれます。

8歳以上のネコちゃんが発症することが多いので、年齢を重ねたネコちゃんは注意が必要です。

モーリンのつぶやき

猫が「ニャオ~」とかわいい声で甘えてきてくれるのは、とてもうれしいですが、大きな声で鳴き続けてしまうと、寝不足になったりストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。

ごはんを決まった時間に与えたり、トイレを清潔にする、安心して眠れる環境を作るなど、愛猫が快適に過ごせるようにしましょう。

猫も気まぐれですが、寂しがり屋なので、過剰にならない程度にコミュニケーションを取ってあげてくださいね!

関連記事一覧