初心者・室内でも飼いやすい小型犬 飼いやすい犬に共通する4つのこと

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション
わんちゃん雑学

Sponsored Links

犬を飼いたいと思ったときには、どんな犬種にするのか、オスかメスのどちらを飼いたいのかなど、考えなければならないことがたくさんありますよね。
今回は、初めて飼う方や子どもがいる家庭でも飼いやすい小型犬と、飼いやすい理由を見ていきたいと思います!
犬はぬいぐるみではないので、飼う前にしっかりと家族会議を開いて、家族になる愛犬のイメージをつかんでいただきたいと思います。

犬を飼う前に家族で考えてほしいこと

犬を飼うときは最後まで責任を持って・・・

犬を飼う前には、飼い主として最後まで責任が伴うことを、家族で話し合って、しっかりと理解していただきたいと思います。

犬を飼ってから、飼わなければよかったと思うことがないように、自分の生活や性格に合った犬種を見つけることも大切です!

犬を飼う前には、次の3つのことを家族で話し合ってほしいと思います。

 icon-check-circle-o 散歩や手入れなど犬のために自分の時間を割くことができるか

 icon-check-circle-o 長期間の旅行は預けられたとしても犬に負担がかかるため、プライベートな時間を我慢できるのか

 icon-check-circle-o 犬を飼うために必要となる予防接種・エサ・治療費などは負担できるのか

飼いやすい小型犬に共通している4つのこと

 icon-star 運動量が少ない

大型犬は1時間以上の散歩を必要とする犬種が多いですが、小型犬は大型犬と比べると運動量は少なくなります。

運動量が少ないといっても、散歩や運動が全く必要ないわけでなく、小型犬でも大型犬に劣らない体力を持つ犬種もいるので、気になる犬種が必要としている運動量を飼う前に調べることをオススメします。

 icon-star しつけがしやすい

どんなに賢い犬種でも、飼い主さんのしつけで、犬の性格は変わってきます

しつけができていない犬は、小型犬でも「小さなオオカミだ」と言っているトレーナーさんもいますので、しつけをしっかりと行うことも飼い主さんの大切な役割です。

 icon-star 無駄に吠えない

小型犬は「キャンキャン」という高い声の子が多いため、無駄吠えが多いと近所の迷惑になってしまいます。

犬が吠えることは必ずしも悪いわけではないのですが、マンションなど集合住宅で飼われるときは、無駄吠えが少ない犬種をオススメします。

 icon-star 抜け毛が少なく手入れがしやすい

抜け毛は、犬アレルギーになる原因でもあり、被毛がたくさん抜ける犬種は、こまめな掃除が必要になります。

また、被毛が抜けにくい犬種の場合は、被毛が伸び続けるためこまめなブラッシングやトリミングが必要です。

毛が抜けにくく、手入れがしやすいことも、飼いやすい犬種としての参考材料になるかと思います。

初心者・室内でも飼いやすい小型犬 TOP5

トイ・プードル

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション トイ・プードル私もトイ・プードルを飼っているのですが、飼いやすいと思うポイントは、毛が抜けにくいところと、覚えが早くしつけがしやすいことです。

被毛が抜けにくいので、犬アレルギーがある人でも飼いやすいといわれていますが、伸び続けるためブラッシングを怠ると、絡まって毛玉になってしまうので注意が必要です。

また、賢いという点では、ボーダーコリーという犬種に次いで、犬の中では2番目に高い知能があるといわれています。
愛犬は座れやお手なども15分ほどで覚えてしまったので、かなり賢く、しっかりとしつけをすれば、とても信頼できるパートナーになることができると思います。

シーズー

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション シーズーシーズーは、おとなしい性格で、小さな子どもがいる家庭でも飼いやすいといわれています。
散歩量も比較的少ないので、高齢の方でも飼いやすい犬種です。

たれ耳のため、耳のケアが必要で、また夏の暑さにも弱いため、熱中症などの症状には特に注意が必要です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション シーズー
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、名前の由来がかなり個性的です。

「キャバリア」は、騎士という意味で、「キングチャールズ」は、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世が溺愛したことからつけられました。


性格は優しく穏やかで、遊ぶことや人に触られることが大好きです。
僧帽弁閉鎖不全症という病気にかかりやすく、1歳では33%が、4歳以上では60%の数でみられます。

マルチーズ

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション マルチーズ
マルチーズは、温厚で従順ですが、気が強く神経質な面もあります。
活発で、大型犬にも物おじしない大胆な行動をとることもあります。
トイ・プードルと同じく、被毛が伸びるため、ブラッシングと定期的なカットが必要です。


涙焼けなどの症状が出ることもあるので、目の周りの毛のカットやコットンなどで拭いて、目の周りを清潔に保ってください。
また、たれ耳なので通気性が悪く、外耳炎などの病気になりやすいため、耳のこまめなケアも大切です。

ヨークシャー・テリア

初心者 飼いやすい 犬種 小型犬 マンション ヨークシャー・テリアネズミ狩りをしてきた歴史があり、勇敢ですが頑固な「テリア気質」を持ち合わせています。
飼い主さんに対しては甘えん坊で、抱っこや膝にのったりと、飼い主さんと一緒に過ごすことを好みます。

被毛の美しさから、「動く宝石」といわれることもありますが、吠え癖がみられることもあるので、適度な運動をすることも大切です。

私が小さいころに、近所でヨークシャー・テリアを飼っている家があり、毛並みを保つために散歩はしないという話を聞いたことがあります。
その子は、床につくほど被毛が長く、トリミングにもかなりのお金をかけていたようですが、被毛が汚れるから散歩をさせないというのは、飼い主さんの都合なので、好ましくないと思います…。

ヨークシャー・テリアは、激しい運動は必要ありませんが、体力やストレスを発散さえるためにも、最低限の散歩はさせてあげてください。

気が強い面があるので、小さい子どもを嫌うこともあり、しつけを怠るとわがままな女王様のようになってしまうので、しつけと愛情のバランスに気を付けてください。

 icon-arrow-down オスとメスはどちらが飼いやすい? おすすめの記事はこちら

モーリンのつぶやき

「飼いやすい犬種はなんですか?」「子どもがいるんだけどこの犬種は飼える?」「散歩が少なくていいのはどの子?」という質問を、ペットショップで働いていた時によく聞かれました。

飼いやすい犬種というのは、飼い主さんのライフスタイルやしつけの有無によっても変わるので、この犬種ですと断言はできませんが、今回は4つの項目から飼いやすいといわれている小型犬を紹介しました。

ペットショップや保護団体から犬を家族に迎えるとことが多いと思いますが、飼う前にぜひ家族で、自分たちにあった犬種は何かなと考えてほしいと思います。

トリミングやえさ、病気やワクチン接種など、犬を飼うためにかかる費用があったり、自分の時間が犬のために削られることもありますので、飼わなければよかったと後悔することがないように、じっくりと考えて家族に迎えてあげてください!

 icon-arrow-down こちらの記事もおすすめです!

関連記事一覧