犬が笑っているのはなぜ? 犬が飼い主に笑顔を見せる3つの理由

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス
わんちゃん雑学

Sponsored Links

あなたは、犬が満面の笑みを浮かべているところを見たことはありますか?
人は「うれしい」「おもしろい」ときに笑っていますが、犬の笑顔も楽しい気持ちの表れなのでしょうか?
今回は、「犬はなぜ笑うのか」本当の理由を探っていきたいと思います!

犬が笑顔を作れるのはどうして?

犬は表情がとても豊かな動物です!

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス
人は顔の目や口、鼻を動かす「表情筋」を動かして、笑った顔や怒った顔を作り、気持ちの表現をしています。

犬にも人間ほどではありませんが表情筋があるため、にっこりとかわいい笑顔を作ることができるのです。

一方で、猫ちゃんは人や犬と比べると、表情筋が少ないため、あまり顔の表情を変えることはできません。

猫は「無表情で何を考えているのかわからない」といわれるのは、表情筋が少ないことが原因でもあります。

しかし、この何を考えているかわからない、やや神秘的な猫の表情は、愛猫家の心をつかんで離さない猫の魅力なのではないでしょうか。

犬が笑うのはなぜ? 犬が飼い主に笑顔を見せる3つの理由

犬もうれしいと笑う!?

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス
犬は、人と同じように「うれしい」、またリラックスしているときにも笑うことがあります。

飼い主さんを見つめながら、目を細めて口角を上げたり、口を少し開いているときは、うれしい、幸せだな~という感情や、リラックスしている状態を表しています。

 icon-arrow-up また、おいしいごはんやおやつを食べて、満足しているときにも「にこっー」っと笑うこともあります。

愛犬のキャンディは、手作りのご飯を食べたあと、大好きなおやつを食べたあと、思いっきり走ったあとに、満足げににっこり笑うことがあります。

幸せそうに笑っている愛犬を見ると、見ているこちらもとても幸せな気持ちになりますよね icon-heart 

「敵意はないよ」「仲良くしようね」という合図を送っている

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス犬は、初対面の人や犬と出会ったときに、笑顔を見せることがあります。

どうして、知らない人や犬に笑いかけているのかなと思ったことがあるかもしれませんが、これは犬が「あなたには敵意はない」「ケンカはしないよ」という、相手や自分を落ち着かせるためにしているサインです。

また、大好きなお友達の犬に会ったときや、ドッグランなどで犬同士で遊んでうれしいときも、開けて笑っていることがあります。
これは、「大好きだよ、会えてうれしいな」「仲よくしようね」と、犬同士で気持ちを確認しているサインです。

敵意がない意志を伝えたり、うれしい感情を表現したり、犬同士の笑顔でもいろんな気持ちが込められているので、犬同士であいさつをしているときは、ぜひ注目して表情を見てみてください。

飼い主さんの真似をしてみよう!

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス
愛犬は、大好きな飼い主さんがどんな顔をしているのかなと、常に注目して観察しているようです。

飼い主さんがうれしいかったり楽しくて笑っているときに、自分も同じ顔をしてみようと、飼い主さんの真似をしていることもあります。

犬は学習能力が高いので、笑っているときに飼い主さんが「かわいい」とほめてくれると、繰り返し笑顔を作ることもあります。

愛犬が笑顔を見せないのは理由がある?

愛犬が笑わないのはどうして…

たくさんの表情を作ることができる表現豊かな犬ですが、そのなかには全然笑わない…と、飼い主さんが心配してしまう子もいるようです。

「うちの子笑っているところを見たことがない」という話も聞いたことがありますが、笑う犬がいるのに、笑わない犬もいるのはなぜなのでしょうか?

①保護犬・虐待を受けた・飼い主さんが変わった経験がある

保護された犬や虐待を受けた犬、飼い主さんが何度か変わってしまって、不安を感じている犬は、無表情になって怖がっていることが多いです。
犬が安心して暮らせるように、徐々に環境に慣れるまで、温かく見守ってあげてください。

また、体罰でしつけをしていたり、大きな声で叱っていることが多いと、犬が恐怖心を抱いてしまうので、犬がびっくりしてしまうようなしつけの仕方をしているなら、一度しつけの方法を見直してみてください。

②高齢犬

高齢になると、若い時のように遊ぶことも減り、視力も低下してくると無表情に感じられることがあります。
高齢犬の場合は、無理のない範囲で、散歩や好きな遊びをさせてあげてくださいね。

③視力低下(白内障など)や甲状腺機能低下症などの病気

白内障などが原因で視力が落ちたり、甲状腺機能低下症などの病気になると、無表情になったり、悲しそうな顔になってしまうことがあります。

特に高齢犬は、定期的に健康診断などのケアを行って、若いときでも愛犬の様子がおかしいと思たときは、獣医さんに診察してもらうことをおすすめします。

犬の表情はその子の個性

犬 笑う 笑顔 表情 カーミングシグナル プレイフェイス犬は、人間と同じようにたくさんの表情を作ることができますが、よく笑っている子も、あまり笑わない子も、犬の顔はその子の個性です。

柴犬やラブラドール・レトリバー、チワワ、ポメラニアンなどは、テレビでもよく笑っているところを見かけたり、写真で見かけることも多いような気がします。

一方で、アフガン・ハウンドやサルーキなどの犬種は、短吻犬種(パグなどの鼻が短い犬種)に比べると、表情が読み取りにくいことがあるかと思います。

年齢や犬が育ってきた環境でも、犬の表情は変わってくると思うので、笑わないということで、あまり心配したりおかしいのではないかと思う必要はありません。

参照サイト:犬は表情で気持ちを伝えている!表情の意味や表情豊かに変化する理由

コトブキ獣医科医院 犬の甲状腺機能低下症について

モーリンのつぶやき

犬は人間の言葉が話せないので、行動や仕草で私たちに気持ちを伝えようとしています。

それは、カーミングシグナルと呼ばれていて、しっぽを振る(うれしい・ちょっと警戒している)、あくびをする(緊張を和らげようとしている)などがあります。

笑顔からもさまざまな犬の気持ちが読み取れると思うので、うれしくて愛犬がかわいい笑顔を見せてくれるように、私も愛犬と接していきたいと思います♪

関連記事一覧