犬が自分の鼻をなめる原因はストレス? 鼻をなめると嗅覚の能力が上がる!?

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
気になる病気

Sponsored Links

愛犬が自分の鼻をぺろぺろとなめていることってありますよね。
一瞬ペロッとしているとかわいいなと思いますが、ずっとなめていると「どうしたんだろう?」と、気になってしまうのではないでしょうか?

愛犬が自分の鼻をなめている3つの理由

カーミングシグナル

犬が自分の鼻をなめる理由は、大きく3つあります。

理由その1は、カーミングシグナルとして、鼻をなめていることが考えられます。

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
カーミングシグナルは、緊張や不安があるときに、自分や相手を落ち着かせようとする行動のことです。

病院で診察待ちをしている、いたずらをして怒られたときなど、緊張したり不安な気持ちのときに、犬は少しでも自分を落ち着かせようとします。

鼻をなめる行動の頻度が多いとき、あくびや体を振るわせる、目を合わせないなど、ほかのカーミングシグナルも見られるときは、愛犬がストレスを感じている可能性もあるので、原因を探して改善してみましょう。

活動開始の気合を入れている!

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
朝起きたときに、愛犬が鼻をペロッとなめているときは、「よし起きたぞ、今日もがんばるぞ!」といったように、気合を入れている状態だといえます。

朝起きると普段は濡れている鼻が乾いているので、鼻を潤わせるためになめているようです。

犬の鼻は濡れていると、どの方向からどんな匂いがするのか、かぎ分けやすくなるため、これは本能的に行っている行動ともいえます。

朝だけではなく、鼻が乾いてるなと思ったときに、犬は鼻をなめることがあります。

おいしいごはんが食べられる食事前にも

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
ごはんの前には、愛犬がぺろぺろと鼻をなめている光景を、よく見かけるのではないでしょうか?

これは「はやく食べたいなー」「我慢できない」「なにをくれるの?」といった期待で胸がいっぱいの状態ですね。

このかわいらしい仕草を見たくて、ついついごはんを持ったまま、愛犬を見つめているなんてこともあるのではないでしょうか?

ちなみに、食後にも口の周りや鼻をなめることがありますが、これは口に何かついてないかなと、確かめるためになめているようです。

鼻をなめると嗅覚の能力が向上する?

鼻をなめると匂いをかぎ分けやすいらしい…

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
犬はいつも鼻が濡れていますが、これは体温の調節の機能と、匂いをかぎ分けるためだといわれています。

鼻が乾いた状態よりも、濡れているほうがどこから匂いがするのか、どんな匂いなのか効率よくかぎ分けられるそうなんです。

人間の体では確認しがたいですが、犬の鼻はすごいですね…!

犬の嗅覚の豆知識
わんやんポケット_キャンディ犬の嗅覚はとても優れていて、匂いの種類によって差はあるけど、人の約100万倍、刺激臭なら人間の1億倍を嗅ぎ分けることができるわん!

この嗅覚を生かして、警察犬や麻薬探知犬が活躍しているわん!

鼻が濡れていないと病気なの?

犬 自分 鼻 なめる ずっと 病気
犬の鼻は、濡れていないときは病気のサインだといわれることもありますが、濡れてないときは体温が高くなっている可能性があります。

犬の体温は人と比べると高く、38~39度が平熱で、40度以上だと熱がある状態です。

暑さが続く時期やパグやシーズーなどの鼻が短い犬種は、熱中症などの対策をしましょう。

また、「鼻が濡れすぎているな、なめる回数が多いな」というときは、鼻水をなめていることもあります。

愛犬の様子がおかしいなと感じるときは、なめている場所に異常がないかを確認して、異常があれば病院で診察してもらうことをおすすめします。

猫はなぜ鼻をなめる?

猫 自分 鼻 なめる ずっと 病気
猫も鼻が濡れているときのほうが、鼻が濡れていないときよりも、匂いをキャッチする能力が高いそうです。

猫もごはんの前後で鼻や口の周りをなめることがありますよね。

我が家の愛猫は2匹とも、人差し指を顔の前にもっていくと、鼻をツンと指に当ててくれるのですが、指が触った後は気になるのかペロッと鼻をなめています。

モーリンのつぶやき

あなたの愛犬・愛猫は、どんな時に鼻をなめていますか?

愛犬の仕草はかわいくていつまでも見ていられますよね♪

 icon-arrow-down この記事を読んだ方におすすめ

関連記事一覧