犬のオスとメスはどちらが飼いやすい? ペットショップにオスが多い理由とは?

犬 オス メス 飼いやすい 性格
わんちゃん雑学

Sponsored Links

犬を飼いたいと思ったときに、男の子がいいか女の子がいいか、家族でも意見が分かれるのではないでしょうか?
しかし、いざどちらかに決めようと思っても、オスとメスの性格や習性の違いって、よくわからないですよね。
オスとメスは、具体的にどこがどのように違うのでしょうか。

オスとメスはどこが違う!? 飼いやすいのはどっち?

オスとメスの性格の違いはどんなところ? 意外と甘えん坊なのは・・・

犬 オス メス 飼いやすい 性格
私は、ペットショップで働くまでは「女の子のほうが甘えん坊なんだろうな」と思っていたのですが、意外にもメスよりもオスの方が甘えん坊の傾向あります!

お留守番が苦手だったり、さみしがり屋で飼い主さんの後をついて回ったりと、男の子は甘えん坊です。

一方のメスは、自立心が強く「あっ!」という間に精神が大人になってしまうので、デレデレとした甘え方はあまりしません。

メスは、素っ気ないような大人びた感じで、オスとは正反対の甘え方をするようです♪
でも、その甘え方がまた可愛いんですよね♪

ペットショップはオスがたくさんいる&値段がメスより安い

犬 オス メス 飼いやすい 性格ペットショップから愛犬を迎えようと、お店を覗きに行ったときに、「メスよりもオスの方がたくさんいるな。半分以上が男の子だな~!」と思ったことはありませんか?

それは、メスは子どもが産めるので、ブリーダーさんが手元に残すことが多いため、オスに比べてあまり出回らないからなんです!

ペットショップで働いていると、お客様から「どうして、オスの方が値段が安いの?」「安い子は病気なの?」と聞かれることがとても多いです。

カラー(犬の毛色)や月齢によっても値段の差はありますが、ブリーダーさんの事情もあり、ペットショップではメスよりもオスの方が値段は安くなります

また、犬種によっても値段は違いますので、病気があるため値段が安くなる訳でもありません。

先天的な病気などがある場合は、ポップカードに書いてあると思うので、気になることがあるときには店員さんに確認してみましょう。

生理現象と習性はオスとメスは何が違うの!?

オスとメスの大きな違い! それはマーキング・・・

犬 オス メス 飼いやすい 性格
オスとメスの大きな違いは何かといったら、それはオスが行うマーキングの習性ではないでしょうか。

マーキングとは、縄張りを主張するためにオスが行うもので、散歩のときにできるだけ高く、電信柱や壁などあちこちにおしっこをかける習性のことです。

「このマーキングはどうにかならないの!?」と言われることもありますが、習性なのでしつけをしっかり行うこと、家の中ではオス専用のペットシーツもあるので活用することもおすすめです。

このように、マーキングの習性があるオスは散歩好きで、活発で遊ぶことも大好きなので、一緒にたくさん運動がしたいという飼い主さんには男の子がおすすめです♪

ちなみに、オスは去勢手術を行うと男性ホルモンが弱まり、マーキングをしなくなる子もいますよ。

オスとメスの大きな違いその2! メスは生理のときに手がかかる

小型犬は1年に2~3回、大型犬は年に1~2回の周期で生理になります。

一般的に犬の生理はヒートと呼ばれ、個体によって差はありますが、小型犬の場合は6~9ヶ月前後(人間の年齢だと9歳~13歳くらい)に最初の生理が始まります。

犬の生理の出血は、小型犬の場合でもおしりや後ろ足が真っ赤っかになるほど、出血することが多々あります。

メスの場合は、生理のときはオスよりも手がかかってしまうかもしれません。(避妊手術をしない場合)

 icon-arrow-down 犬の生理についてはこちらをご覧ください

しつけはオスとメスはどちらがしやすいの? 飼いやすいのはどっち?

犬 オス メス 飼いやすい 性格ここまでを見ていると、甘えん坊なのはオス、お値段もメスよりオスの方が安く、男の子だから生理もないということは、オスの方がメスよりも飼いやすいと思われたのではないでしょうか?

しかし、一般的にはオスよりもメスの方が飼いやすいといわれているんです!

 icon-arrow-down それには、下のポイントの枠にまとめた3つの理由があります。

メスの方が飼いやすいとされる3つの理由

 icon-check 体の大きさがオスより小さい
 icon-check 自立心が強く、落ち着くのがオスより早い
 icon-check 人懐っこく、落ち着いているので、しつけがしやすく覚えも早い

オスもメスも飼いやすいところ、手がかかってしまうところがありますが、どちらが飼いやすいかは、飼い主さんの生活環境や価値観からも違ってくるのではないかと思います。

また、同じ犬種でもそれぞれ個性があり、性格は違いますし、避妊・去勢手術で抑えられる行動もたくさんあるので、犬を飼う前には家族で相談をして家族に迎えていただきたいなと思います!

モーリンのつぶやき

我が家のキャンディは、女の子ですがとても甘えん坊で、歩くたびに顔を見ながらついて回っています。

男の子も女の子も、それぞれ可愛いところがいっぱいあるな~と改めて感じました♪

関連記事一覧