ノーリードで犬を散歩するのは条例違反! リードはなぜ必要なのか?

犬 ノーリード 散歩 条例
わんちゃん雑学

Sponsored Links

突然ですが、あなたは犬がノーリードで散歩しているところを、見たことがありますか?
ノーリードの散歩は、「危ないな」「自由だね」など、見る人によっていろんな意見があると思います。
今回は、犬のノーリードがなぜ危険なのか、ノーリードを見ている第三者の方の気持ちを踏まえて、リードの必要性について一緒に考えていきましょう!

ノーリードはマナー違反! ノーリードはなぜいけない?

ノーリードは罪に問われる!? 法律にはどう記されている?

犬 ノーリード 散歩 条例あなたは、犬がノーリードで散歩をしている光景を見たことがありますか?

ノーリードで散歩している犬を見かけると、「危ないな」「マナーが悪い」「リードがなくて自由でいいね」、犬が苦手な方は「こっちに来ないでね・・・」と、犬が好きな方も苦手な方も、いろんなことを考えると思います。

犬の散歩は、首輪やハーネスにリードを付けて散歩を行うことが一般的なルールです。

しかし、「リードを付けたらかわいそう」「自由に歩かせてあげたい」、「もう年だし、勝手にどこかへ行かないからリードをしなくても大丈夫」などの理由で、リードを付けないノーリードの状態で、わんちゃんを散歩させる飼い主さんもいます。

ノーリードは、犬が勝手に走り出して、周りの人や犬などへ危害を加える可能性もあり、飼い主さん同士のトラブルにも繋がることもあります。
ノーリードは、法律などで罰則がかせられるのでしょうか?

動物の管理については「動物愛護及び管理に関する法律」、いわゆる「動物愛護法」「動愛法」と呼ばれている法律の第7条に記されています。

動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない

犬 ノーリード 散歩 条例このようにノーリードだからといって、具体的に法律で罰則が決まっているわけではありません。

しかし、全国各地の地方自治体では、条例で「綱若しくは鎖で確実につないで(東京)」「人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれのない方法で飼犬を常につないでおかなければならない(名古屋)」と、犬を散歩する(管理)上で定めています。

第九条 犬の飼い主は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
一 犬を逸走させないため、犬をさく、おりその他囲いの中で、又は人の生命若しくは身体に危害を加えるおそれのない場所において固定した物に綱若しくは鎖で確実につないで、飼養又は保管をすること。ただし、次のイからニまでのいずれかに該当する場合は、この限りでない。
イ 警察犬、盲導犬等をその目的のために使用する場合
ロ 犬を制御できる者が、人の生命、身体及び財産に対する侵害のおそれのない場所並びに方法で犬を訓練する場合
ハ 犬を制御できる者が、犬を綱、鎖等で確実に保持して、移動させ、又は運動させる場合
ニ その他逸走又は人の生命、身体及び財産に対する侵害のおそれのない場合で、東京都規則(以下「規則」という。)で定めるとき。

東京都動物の愛護及び管理に関する条例

つまり、警察犬や補助犬、犬を制御できる人が安全な場所で訓練する場合などを除いては、犬は鎖(リード)でつないだ状態で管理をしなければならないとしています。

各地方自治体で、文章の書き方や処罰は異なりますが、東京都ではこれを違反した場合は、拘留又は科料に処すると記されています。
ノーリードでの散歩は、拘留または科料にも問われるため、通報されたら罪に問われることがあります

条例は、地域に住む人の共通のルールであり、守らなければならないものなので、一度住んでいる地方自治体の条例を確認してみてください。

ノーリードは具体的に何が危険?

犬 ノーリード 散歩 条例リードは、そもそも何のためにあるのでしょうか?

犬がリードしていることに対して、「リードを付けて引っ張られてかわいそう」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、犬にとってリードは、自分の命を守るいわば命綱です!

例えば、犬は雷などの大きな音が苦手なので、車のクラクションなど突然鳴る大きな音に驚いて走り出してしまったり、お友達の犬がいたら一目散に走り出してしまうこともあります。

交通量が多い場所だったら、出てきた車にはねられてしまったり、自転車と接触して、大きな怪我に繋がります。

犬 ノーリード 散歩 条例
またリードをしていなければ、何かあったときに愛犬を制御できずに、そのまま行方不明になってしまうこともあります。

 icon-arrow-down 私は、あるドックトレーナーさんのこんな言葉が印象に残っています。

「犬を家族と一緒に暮らすため、命を守るためにしつけをすることがかわいそうだという人がいる。でも、しつけをせずに凶暴なままだったら、家族と上手くつきあっていけずに犬はもっとかわいそうな思いをする。10分で治るしつけを怠れば、犬は10年間苦しい思いをする。」と。

つまり、人間のルールを身につけさせるためにしつけをすることが、犬にとってかわいそうなことかもしれない。

けれど、しつけを怠ってしまえば、家族や地域社会、ほかの犬との関係も上手くいかずに、しつけをされなかった犬は、もっとかわいそうな思いをするかもしれない・・・ということです。

これは、ノーリードでもいえることで、かわいそうだからと散歩のときにリードをしなかったために、ひかれて怪我をしたり迷子になってしまったら、そのほうが犬にとってよっぽどかわいそうなのではないかと私は思います。

4人に1人はペットが嫌い 動物が苦手な方への配慮を忘れずに・・・

犬 ノーリード 散歩 条例
動物愛護に関する世論調査が、内閣府によって平成22年に行われました。
この調査で、ペットが大好きと答えた人は「23%」、好きなほうと答えたのは「50%」、嫌いなほうと答えたのは「22%」、大嫌いと答えたのは「3%」でした。


この結果から、4人に1人はペットが嫌いということがわかりました。

ペットである犬が苦手な方も、4人に1人という割合でいらっしゃいます。
もし、ノーリードで散歩をしている犬が、犬が苦手な人へ飛びついたり、ほかの犬や子どもに飛びかかったら、その人たちはきっと、とても怖い思いをしてしまうのではないでしょうか?

自分の愛犬のためだけではなく、周りの人がどう思うかを考えてほしいと思います。

モーリンのつぶやき

ノーリードでの散歩は、愛犬の命にも関わる危険な事故に繋がってしまったり、ほかの相手を傷つけてしまうこともないわけではありません。

いくらしつけができていると思っていても、「100%」大丈夫という保証は、犬にはできませんよね。

愛犬の命を守るために、動物が好きな人も苦手な人も、子どもも散歩しているほかの犬も、安心して気持ちよく道を歩けるように、ぜひ今一度リードの必要性を考えてみてください!

関連記事一覧