うちの子おもちゃにあきちゃった? 犬がおもちゃで遊ばない5つの理由

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードル
問題行動・しつけ

Sponsored Links

犬はスリッパをかじったり、置いてあるタオルを振り回したり、いつも遊んでいるイメージがありますよね。
しかし、愛犬にどんなおもちゃを買ってあげても、匂いを嗅ぐだけで終わったり、見向きもしてくれないということはありませんか…?

犬がおもちゃで遊ばなくなる5つの理由

理由その1 犬がおもちゃがで遊ぶ楽しさを知らない

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードル
子犬やおもちゃを見たことがない保護犬などは、おもちゃは遊ぶものという認識がないこともあります。

愛犬をペットショップから家族に迎え入れた場合は、部屋の中におもちゃが置いていないこともあり、家へ来てからがおもちゃ初体験ということもあります。

私が働いていたペットショップでも、ショップに来たばかりのおもちゃを見たことがない子に、初めておもちゃを見せると、どうしたらいいのかわからず、おもちゃに向かってひたすらジャンプをするという光景がよく見られました icon-heart 

おそらく、ジャンプをして遊びに誘っているのに、おもちゃが動かないことが不思議だったのかなと思います💦

家族に先住犬がいる場合は、おもちゃを取り合ったり、音で興味を持ち始めて、次第におもちゃが大好きになっていきます。

おもちゃに興味を示さなくても、おかしいのかなと心配することはありません。

理由その2 犬種などの性格がおもちゃで遊ぶ意欲をそそらない

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードルおもちゃで遊ばない理由の2つ目は、犬種がもともと持っている性格が、おもちゃで遊ぶ意欲をかき乱さないということも考えられます。

例えば、チワワは自立心が強い子が多く、猫のような性格をしているともいわれるほど、興味がないと「ぷいっ」となって、全く反応してくれないこともあります。

チワワは体が小さいため、激しい運動は負担が大きくなるので、自分のペースでひとり遊をするのが上手です。

また、トイ・プードルはとても甘えん坊な性格をしているため、おもちゃで遊ぶよりも飼い主さんに抱っこしてほしいと思う子が多いようです。

理由その3 飼い主さんと一緒に遊びたい・ほめられたい

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードル犬は、飼い主さんにほめられたり、飼い主さんと一緒に遊んだりすることが大好きです。

ひとりで遊ぶよりも、飼い主さんと一緒に楽しみたいと思っていたり、ほめられたい・飼い主さんの喜ぶ顔が見たいという一心で投げられたものを持ってきている子もいます。

飼い主さんが愛犬にかまってあげられる時間が少ないな、おもちゃに興味がなくなっているなと思ったら、ぜひ一緒に遊んであげてください。

たまには環境を変えて、家の中だけではなく外でも思いっきり遊ばせてあげたいですね♪

理由その4 おもちゃを犬がいつでも遊べるように置きっぱなしにしている

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードル
犬がおもちゃで遊ばない理由の4つ目は、飼い主さんが知らず知らずのうちに、愛犬がおもちゃに飽きてしてしまう環境を作っていることも考えられます。

おやつはもちろん、愛犬にとっておもちゃは、しつけのごほうびとしても活用できる大切なものです。

もし、いつでも愛犬がおもちゃで遊べるように、愛犬が届く場所におもちゃをしまっていたり、おもちゃを片付けずに置きっぱなしにしている場合は、愛犬がおもちゃに飽きてしまっている可能性があります。

本来は飼い主さんやほかの犬と楽しく遊んだり、しつけのご褒美としてくわえされてもらえるおもちゃが、常に自分の周りにあふれていたら、だんだんとおもちゃに関心が薄れてしまうのも無理はありません。

愛犬のそばにおもちゃを置いてあげたい気持ちもわかりますが、遊んだあとは片付けをして、おもちゃに触れない時間を作ることも大切です!

理由その5 老化や認知症が原因

犬 おもちゃ 遊ばない ボール チワワ トイ・プードル
老化もおもちゃで遊ばなくなる原因として考えられます。

犬も認知症になると、いままで学習してきたことができなくなってしまうことがあります。

老化によって体力がなくなったり、認知症になったためにおもちゃで遊ぶことを忘れてしまうことも、高齢犬がおもちゃで遊ばなくなってしまう理由の一つです。

モーリンのつぶやき

愛犬のキャンディはおもちゃが大好きで、飽きて遊ばなくなるということはないのですが、私がしつけ教室で出会ったトイ・プードルの子は、おもちゃに関心がないという悩みを持っていました。

その子は、飼い主さんのおもちゃの片付け不足が原因だったので、遊んだあとに片付けをしてもらったところ、おもちゃで遊ぶようになったそうです。

愛犬が届かない場所に片付けができるのは、飼い主さんだけなので、愛犬のためにもおもちゃの取り扱い方法を、もう一度考えてみてください♪

関連記事一覧