犬の目もとが茶色く汚れているのはなぜ? 涙やけの原因と対策方法とは?

犬 涙やけ 目薬 治療 手術 フード
気になる病気

Sponsored Links

目の周りの毛が、茶色っぽく変色しているわんちゃんを、見かけたことはありますか。また、愛犬がそうなっていませんか?
これは、涙やけ(流涙症)と呼ばれ、トイ・プードルやマルチーズに多くみられます。
見た目があまり良い状態ではないので、気にしている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

涙やけの原因や症状は? 涙やけになりやすい犬種とは?

涙やけってどんな病気?

犬 涙やけ 目薬 治療 手術 フード
涙やけは、大量の涙が目からあふれて、毛を濡らしてしまうことにより、目の周りの毛が茶色や黒っぽく変色してしまった状態です。

涙やけになると、常に毛が濡れているため、細菌が繁殖しやすく、皮膚炎を患ってしまうこともあります。

トイ・プードル、マルチーズ、ポメラニアン、パグなど、目が大きくて鼻が短い小型犬が、涙やけになりやすい犬種です。

涙が茶色っぽくなり毛を染めてしまう理由は、涙に含まれるラクトフェリンというタンパク質が、外気中の鉄イオンと結合することで、赤茶色に変色するためです。
そして、そこに紫外線があたることによって、さらに毛が染色されます。

涙やけになっている愛犬の顔が臭う場合は、菌が繁殖している可能性があるので、皮膚病などを防ぐためにも、動物病院で診察してもらうことをオススメします。

涙やけの原因は?

犬 涙やけ 目薬 治療 手術 フード涙やけの原因は、涙の増加によるものと、涙がうまく排泄されないことの大きく2つに分けることができます。

涙が増加する理由は、目にゴミが入ったり、花粉などのアレルゲンが、目を刺激するためです。
ほかにも、まつげや目の周りの毛が、目に入ってしまい涙が増加することもあります。

また、涙が増加する原因として、目の疾患(内眼角形成異常、結膜炎、緑内障など)も考えられます。

涙がうまく排泄されないことで起こる涙やけは、鼻涙管(びるいかん)が詰まることが原因です。

鼻涙管は、涙腺で分泌された涙を、鼻の奥へ排出する細い管のことですが、これが生まれつき細かったり、老廃物が蓄積していたりすると、涙がうまく排泄されずに目からあふれ出てしまいます。

涙やけはどうやって治療するの・・・? 涙やけの対策方法とは?

涙やけがひどくなってしまったときの治療法とは?

犬 涙やけ 目薬 治療 手術 フード
私の愛犬キャンディは、トイ・プードルなのですが、子犬の頃は涙やけがかなりひどく、拭いてもなかなかよくならなかったため、動物病院に行くと、涙鼻管が細く涙が出やすいといわれました。

目薬を処方してもらい、コットンで毎日拭くようにしたところ、だんだんとよくなっていきました。

今では、目の周りはまめに拭くようにして、目の周りの伸びやすい毛もカットしているので、涙やけが気にならなくなりました。

動物病院では、鼻涙菅が詰まって涙やけを起こしている場合は、麻酔をかけて鼻涙管を、生理食塩水で洗浄する治療などが行われます。

また、鼻涙菅が完全に詰まってしまっている場合や、生まれつき目から鼻に抜ける穴があいていない(涙点)ときは、外科手術が行われることもあります。

涙やけ対策はどうしたらいい?

犬 涙やけ 目薬 治療 手術 フード涙やけの対策方法として、飼い主さんが最初にできることは、目の周りを清潔に保つことです。

コットンや目の周りを拭く専用のシートを使って、できるだけこまめに、目の周りを拭いてあげましょう。

また、毛が伸びる犬種は定期的なカットをしてあげてください。

目の周りを清潔に保つことで、皮膚病や毛の着色を予防することができます。

次に、できる限り添加物が少ないドッグフードを選ぶようにしましょう。

市販のドッグフードは、保存料や着色料などの添加物が含まれていることがあり、ドッグフードに含まれているたんぱく質は、体内で老廃物となって、鼻涙管が詰まる原因になります。

「ドッグフードを変えたら涙やけが良くなった」という話はかなり多く聞くので、涙やけが気になる場合は、ドッグフードを見直すのも効果があるかもしれません。

私がオススメするドッグフードは「カナガンチキン」です!

アレルギー物質を含まない厳選された素材と、安全管理がしっかりと行われたイギリスの工場で作られている点がオススメのポイントです。

「カナガンフード」の詳細はこちら icon-arrow-right イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

モーリンのつぶやき

涙やけは、気になる症状ですが、なかなか改善することが難しいと思います。

病気で涙やけが起こっている場合や症状がひどい場合は、動物病院で診察してもらうことをオススメします。

涙やけは、しっかりと水分を補給して、尿や便からも老廃物を排出することも対策になるそうなので、特に外でしかトイレをしない場合は、適度な散歩も大切です。

関連記事一覧