室内で飼っていても熱中症になる!? 症状を見逃さず早めの対策を!

犬 熱中症 脱水症 水 予防 症状 ポカリスエット
気になる病気

Sponsored Links

30℃を超える暑い日が増えて、セミの声も聞こえる季節になりましたね!
これからの季節は、熱中症にならないように暑さ対策が必要ですが、犬は人のようにたくさん汗をかかないので、気が付いたらぐったりしているということがないように気を付けたいですね。

犬はなぜ熱中症になる? どうやって温度調節をしているの?

犬はどうやって体温を調節しているの?

犬 熱中症 脱水症 水 予防 症状 ポカリスエット人は暑いときに、汗をかくことで体温調節をしていますが、犬は汗腺が手足の裏や鼻先にしかないので、汗をかいて体温を調節することはあまり得意ではありません。

そこで、犬はパンディング(ハァハァと舌を出す)をして、熱を逃がしているのですが、人の汗に比べると放散できる熱の量は少なくなります。

しかし、パンディングを繰り返し行っていると、体内の水分が失われるので、水分補給ができないと、脱水症や熱中症になってしまうことがあります。

ちなみに、猫がハァハァというパンディングをするところは見たことがないですが、猫も汗腺があるのは足裏などの限られた範囲だけなので、身体を舐めて体温を放散しています。

犬はなぜ熱中症になる?

犬 熱中症 脱水症 水 予防 症状 ポカリスエット なりやすい犬種
犬の熱中症は、6月~8月にかけて多く、最悪の場合は死に至る危険があるので、これから暑さ対策に気が抜けません。

また、ペットの熱中症は7割が室内だというデータがあるので、室内でも対策が必要です。

犬はパンディングをして熱を逃がそうとしていますが、高温多湿の場所に長くいると体温調節ができなくなり、身体に熱がこもってしまいます。

そうなると、呼吸がうまくできなくなり、脱水症状を起こしたり、身体の血液をうまく循環させることができず、ショック症状を起こすこともあります。

パグやブルドッグ、シーズーやペキニーズなどの鼻が短い短吻犬太り気味高齢犬呼吸器や心臓に病気がある場合は、熱中症になる可能性が高まるのでより注意が必要です。

熱中症の症状は?

熱中症になってしまったときには、できる限り早く対策をする必要があります。

熱中症になると、体温が40度を超え、呼吸が速くなり、よだれを垂らすこともあります。

また、ぐったりしていたり、けいれんを起こすこともあり、悪化すると意識がなくなる可能性もあります。

犬が熱中症になったときにできる対策とは?

熱中症になったら体を冷やす

犬がぐったりして、熱中症が疑われる場合は、すぐに涼しい場所に移動させて、身体を冷やしてください。

犬 熱中症 脱水症 水 予防 症状 ポカリスエット
扇風機で涼しい風を送り、水が飲めるなら飲ませて、濡れた冷たいタオルや水を体にかけましょう。

ペットボトルを凍らせたものや保冷材も緊急時には利用できるので、食べてしまわないように気を付けながら活用してください。

熱中症は死に至ることもあるので、身体を冷やしながら、動物病院へ連れて行ってください。

 icon-asterisk 氷水をかけるのは危険なのでやめてください

熱中症になる前に予防しよう!

サマーカットをする

毛が長い犬種は、サマーカットにするのもおすすめです。

あまりにも短くカットしてしまうと、日焼けをしやすくなったり、蚊に刺されたり、体を傷つけやすくなってしまうので、トリマーさんと相談しながら適当な長さにカットしてあげてください。

涼しい時間帯に散歩をする

犬は人間よりもアスファルトに近いので、地面の熱をより受けやすいです。

涼しい朝方や夕方に散歩をしたり、適度に水分補給をすると脱水症を少しでも防ぐことができます。

また、夏のアスファルトは40度、50度になることもあり、柔らかい肉球がやけどしてしまうことがあります。

専用のクリームを使って肉球のケアをしたり、散歩のときは靴を履かせたりするなどの対策をおすすめします。

室内ではエアコンをつけ水分補給をしっかり

室内では、エアコンをつけて、風通しを良くしておきましょう。

また、いつでも清潔な水が飲めるように用意してあげてください。

室内でも熱中症になることがあるので、遮光をしたり除湿をすることもおすすめです。

ペットスエットを飲ませる

人はポカリスエットを飲んで、熱中症対策をすることもありますが、犬には犬用のペットスエットがあります。

ポカリスエットは、糖分や塩分が多く含まれているので、絶対に飲ませてはいけないわけではありませんが、犬用のものを与えることがおすすめです。

車には絶対に置いていかないで!

犬 熱中症 脱水症 水 予防 症状 ポカリスエット 夏 車
アメリカでは、32度の気温の中、3時間エンジンを切った車に警察犬を乗せていたため、その警察犬が死亡してしまうというニュースも報道されました。

夏のエンジンを切った車の車内温度は、50度を超えるともいわれているので、愛犬を車内に残してどこかへ行くのはやめてください。

買い物をするのであれば、愛犬を涼しいエアコンのきいたお家で留守番させてあげましょう。

暑い日ではなくても、ある程度の時間を車内で一人ぼっちで過ごしていると、「わんわん」と人が通るたびに吠えて、体力を消耗したり、怖くて不安な時間を過ごすこともあります。

参照サイト:暑さに負けるな!わんこの暑さ攻略法

熱中症について

モーリンのつぶやき

これから、さらに暑くなることが予想されますが、愛犬の暑さ対策はしていますか?

犬は汗をかけないので、人に比べて体の熱を発散することができません。

熱中症になってしまう前に、熱中症対策をして、暑い夏を楽しく乗り切りましょう!

関連記事一覧