【経験談】ペットショップの面接は何を聞かれる? ペットショップの一日の流れとは?

ペットショップ 面接
わんちゃん雑学

Sponsored Links

今回は、私がペットショップで働いていたときの経験談を紹介したいと思います。
ペットショップの面接では何を聞かれるのか、どんな作業をするのか、どんな人が店員さんに向いているのか、これからペットショップの店員になりたいという方の参考になればうれしいです。

 icon-asterisk 私が働いていたペットショップの一部の情報になりますので、すべてのペットショップに当てはまるものではありません。

ペットショップの店員はどんな仕事をするの?

ペットショップ店員の一日の流れ

ペットショップの店員さんは何をしているのか紹介していきたいと思います。

これはあくまでも私の働いていたペットショップで経験したことなので、参考程度にしてください。

私が働いていたペットショップは、犬猫の専門店で、グッズの販売、トリミング・動物病院の対応もありました。

9:00~10:00 開店準備・犬にえさをあげる

レジを開けて、店内の掃除や照明の確認をして、開店準備をします。

出勤して店に行くと、具合の悪そうな子はいないかチェックして、小さな子から順番にえさをあげます。

子犬は食べるとすぐにうんちをするので、部屋の掃除をしながら、薬の投薬なども行います。

ホテルもある店だったので、お預かりしているわんちゃんのえさやり、部屋の掃除があるときは行います。

10:00~12:00 掃除・お客さんの対応

ごはんが食べられない子もいるので、その子の体調や好みに合わせて試行錯誤してえさをあげることもあります。

バックヤードでは子犬や子猫が入っていた部屋の掃除します。

開店するとお客さんが続々と来店するので、対応(生体・商品の販売)を行います。

平日はお客さんが少ないときに、体重測定やポップの記入を行います。

13:00~16:00 販売・動物病院の対応

昼頃にはお客さんがたくさん来るので、抱っこやわんちゃんの説明、商品会計など行います。

私が働いていたペットショップでは、トリミング・動物病院があり、電話対応やワクチンの保定も行いました。

生体(犬や猫)だけではなく、グッズもたくさん販売していたので、商品の補充やお客さんに商品の説明をすることもあります。

17:00~18:00 夜ごはんをあげる

夜ごはんをあげる準備をします。

子犬や子猫は、固いフードが食べられないので、ごはんの時間の1時間ほど前に、お湯を入れてふやかしておきます。

ふやかすのを忘れると、店員みんなでちょっとしたパニックを起こします💦

20:00 子犬・子猫をバックヤードに移す

動物愛護法の規定により、20:00以降の動物の展示販売はできないので、バックヤードに子犬や子猫を引き上げます。

私が働いていた店舗は大きなモールに入っている店だったので、営業時間は22:00までですが、20:00以降は抱っこや契約などはしていませんでした。

22:00 閉店・翌朝のごはんをふやかす

私は閉店まで働いていなかったので詳しくはわかりませんが、レジ締めをして、翌朝のごはんをふやかして、照明を落として終了になります。

ペットショップの面接でよく聞かれることは?

ペットショップの面接でよく聞かれること、実際の面接で私が聞かれたことをまとめました。

 icon-check-square 土日祝日・正月・ゴールデンウィーク・年末などの連休は働けるか

 icon-check-square どうしてペットショップで働きたいのか

 icon-check-square 希望のシフト

 icon-check-square 接客経験はあるのか、接客が苦手ではないか

 icon-check-square 動物は飼っているか

 icon-check-square 何の動物が好きか

 icon-check-square 長期間働くことができるか(短期の希望ではないか)

ペットショップも人手が不足していることが多いので、動物は好きか、飼育経験はあるかと聞かれることもありますが、長期間・土日や連休に働けるのかが重要視されるようです。

犬や猫を飼っていなくても、研修などがあるかと思うので、あまり心配する必要はないかと思います。

ペットショップの店員はどんな人が向いている?

ペットショップ 面接ペットショップで働くメリットは、大好きな犬や猫と関わることができることですが、デメリットは低賃金の割にはやることや覚えることが多く、労働がハードなところです。

ペットショップは、お店にもよりますが、グッズ専門、生体販売が専門、その両方を行うお店があるかと思います。

ペットショップで働いていて少し驚いたことは、犬や猫との接触が必ずある職場だったにもかかわらず、大の犬嫌いの方がスタッフとして入ってきたことでした。

その方の話では、グッズの販売が専門で、犬と関わることがないと思ったから入社したとのことでした。

ペットショップ 面接もし、グッズの販売だけを担当できたとしても、お客様が愛犬を連れてきて、「この子に合う首輪を探して」「この服をこの子に着せてみて」「ちょっと探し物があるから犬を抱っこして」といわれることがあります。

そのため、その方は初日に来たものの1時間で帰ってしまい、そのままやめてしまったそうです💦

このことから、私がペットショップの店員さんに必要だと思うことは、犬や猫(ほかの動物を販売しているなら小動物などを含めて)が好きなことだと思います。

ペットショップの仕事はハードなので、好きなだけでは続けることは難しいかもしれませんが、好きではないとできない仕事だと思います。

 icon-arrow-down 働いて感じたペットショップの店員に向いていると思うこと

 icon-check-square 動物が好き

 icon-check-square どの子にも愛情をもって接することができる、犬種・猫種による好き嫌いがない

 icon-check-square 責任感がある

 icon-check-square 接客がある程度得意であること

 icon-check-square 体力がある

モーリンのつぶやき

今回は、たくさんあるペットショップの中で、私が働いた限られた情報ではありますが、ペットショップの流れなどを紹介しました。

ペットショップでは、小さな犬や猫などの命を扱っているので、ぜひ責任感のある方が働いてほしいと感じます。

これから、ペットショップで働きたい、興味がある方の参考になればうれしいです。

関連記事一覧