【経験談】 ペットショップにいる大きくなった犬や猫はどうなる?

犬 売れ残り 値引き ペットショップ
わんちゃん雑学

Sponsored Links

ペットショップで働いていたときに、お客様から「大きくなっても売れないと、犬や猫はどうなるんですか?」と聞かれたことがありました。
それを聞かれたときは少し驚きましたが、そのときはペットショップで行っていることを少しお話ししました…。

ペットショップで大きくなった犬や猫はどうなるのか?

家族が見つかるまで…

 icon-asterisk 私が働いていたペットショップの話ですので、ペットショップのすべてに当てはまるわけではありません。

私が働いていたペットショップでは、「売れ残り」という考えはなく、ペットショップにいる犬や猫は家族が見つかるまでずっとお店にいました。

 icon-check-square 新規オープンする店や来客数が多く、家族が見つかる可能性が高い店舗に移動する

 icon-check-square 季節のイベント(ハロウィン・クリスマス・正月)に値下げをされる

 icon-check-square ペットショップの店員が家族に迎える

私が働いていたのは、全国に店舗があるペットショップだったので、大きくなった犬や猫は、新規にオープンする店に移動したり、お客さんが多く入る店舗に移動していました。

また、クリスマスなどのイベントなどがあると、数千円~数万円の値下げをされることもありました。

大きくなった犬や猫をブリーダーに返したり、殺処分するということは、私の働いていたペットショップでは行っていませんでした。

小さいときから世話をして、愛着が湧いていることも多いので、大きくなってしまったら店員が家族に迎えることもありました。

ペットショップがない国はある?

ペットショップにいるすべての犬や猫が幸せになりましたと、言い切ることは今の日本ではできないと思います。

日本にはペットショップがありますが、ドイツをはじめとする動物愛護の先進国では、ペットショップがなく生体販売が行われていない国もあります。

ドイツではブリーダーから犬を家族に迎えたり、ティアハイム(動物の家)という動物保護施設から犬や猫が引き取られています。

ティアハイムは、ドイツの国内に約550ヶ所あり、犬や猫だけではなく小動物やは虫類などの動物も保護され家族を見つける取り組みが行われています。

犬を飼うときには…

ペットショップから犬を飼わなかったとしても、犬を飼うための知識や余裕がなく、もう飼えないとなってしまったら、殺処分される犬がゼロになることはありません。

犬を飼う前に飼い主さんも正しい知識を学んで、子どもがいても飼えるか、一人で生活していても、自分の生活リズムに向いている犬を飼うことも、楽しいドッグライフを送るためには重要です。

散歩をする時間がたくさん取れないのに、大型犬や運動量を多く必要とする犬種を飼ってしまったら、飼い主さんにとっても負担になり、愛犬もストレスを抱えてしまいます。

子犬や子猫はとてもかわいいですが、10数年の長い時間を一緒に暮らす覚悟があるか、世話をする時間を確保できるか、ケアや病気の予防に必要な費用を負担することができるのか、家族全員が飼いたいと思っているのか、ぜひご家族で考えてみてください。

モーリンのつぶやき

ドイツのティアハイムはニュースで見たことがあり、一般の見学もできるそうなので、ドイツに行ったときにはぜひ見学したいと思います。

関連記事一覧