犬が二足で立ち上がる理由とは? やめさせる方法はある?

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく
問題行動・しつけ

Sponsored Links

愛犬が二足で立ち上がったり、飛び跳ねたりする行動に悩まされてませんか?
小さい子どもがいると、怖がってしまうこともあるので、何とかやめさせたいと思うのではないでしょうか。
今回は、犬が二足で立ち上がってしまう理由と、注意したいこと、やめさせる方法を見ていきましょう。

犬が二足で立つのはなぜ?

おねだりをしている

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく
飼い主さんがおやつを持っているときに、それが欲しくて思わず立ち上がってしまうことがあります。

「ちょうだい、ちょうだい」と、後ろ足だけで立ち上がって、手をひょいひょいと動かす(うまく表現できませんが💦)芸もありますよね。

飼い主さんが喜んでくれると愛犬はうれしくなって、ほめられた行動を繰り返し行うようになります。

おやつだけではなく、ごはんを準備しているとき、おもちゃを持っているときなど、飼い主さんに「早くちょうだい」とアピールしているようです。

飼い主さんに助けを求めている

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく
犬はうれしいときに、二足で立ち上がることが多いのですが、恐怖を感じたときにも立ち上がることがあります。

知らない人や犬に会って、警戒しているときには、飼い主さんの足元で助けを求めていることもあります。

散歩中、積極的に匂いを嗅ごうと近づいてくる犬がいると、愛犬が顔をそらしたり、飼い主さんの後ろに隠れたりと、「やめてほしいな~」という行動をすることもあるのではないでしょうか?

犬がびっくりしてパニックを起こしてしまわないように、飼い主さんの足元で立ち上がって助けを求めているときは、抱っこをするなどして不安を解消してあげましょう。

甘えている・抱っこをしてほしい

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく
飼い主さんの膝に手をかけて立っていたり、二足でぴょんぴょん飛び跳ねているときは、「かまって、抱っこして」というアピールかもしれません。

特にトイ・プードルは、二足で立ったり・飛び跳ねたり、二足で立っていることが多いような気がします。

トイ・プードルは、サーカスで活躍していた歴史があり、二足で縄跳びをしたり、ダンスをしたりしていたため、ほかの犬種よりも立つことが得意なのかもしれませんね💦

甘えん坊な性格だと、かまってくれるまで飼い主さんの気を引こうと立ち続けていることもあるので、甘えているのかなというときは、抱っこをしたり、おすわりをさせて落ち着かせてあげましょう。

高いところにあるものが気になる

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく犬は好奇心旺盛なので、自分では見えない高いところにあるものが何なのか知りたくて、立ち上がって何があるのか見ようとします。

机の上に食べ物が乗っていないか、おもちゃ・おやつを高いところに置いているときは、それが欲しくて何度も立ち上がったり、ジャンプをして取ろうとすることもあります。

大型犬の場合は、キッチンやテーブルに手をかけると、上に乗っているものを食べてしまうことがあるので注意が必要です。

犬が食べてはいけないチョコレートや子ども用の小さなおもちゃは、愛犬が口にしてしまわないように、収納ボックスに仕舞ったり、別の部屋で保管すると安心です。

二足で立っているときの注意点

立ち続けると足に負担がかかる

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく
犬は四足で歩いているので、二足で歩いたり・飛び跳ねたりすることは、足や腰に負担がかかるため、あまりよいことではありません。

具体的には、二足で歩行やジャンプをしていると、椎間板ヘルニア脱臼をする可能性が高まります。

トイ・プードルやチワワなどの小型犬は、脱臼しやすいので注意が必要です。

家がフローリングで滑りやすい床の場合は、カーペットを敷いたり、滑りにくい素材のフローリングを使用することで、脱臼を予防することができます。

無理やり立たせるのはやめて…

犬 二足 立つ 負担 トイ・プードル 飛びつく犬が二足で歩く姿を見ると、「かわいい」と思うかもしれませんが、本来は四足歩行をしているので、無理に立ち上がらせることは、犬にとっても負担がかかります。

犬が甘えたいとき、おねだりをするために、自発的に立ち上がってしまうことはよくありますが、無理やり二足歩行をさせるのはやめてください。

やめさせる方法とは?

 icon-star 立っているときには犬に注目しない

犬が立ち上がったりジャンプをしているときは、声をかけてしまうと、「注目してくれた、もっとやろう」と思ってしまうことがあるので、かまわないようにしましょう。

犬が立ち上がっているときは目を合わさず、かまわないようにして、犬が落ち着いたら興奮しないように優しくほめてあげましょう。

そうはいっても、散歩中やお客さんが来ているときに、「怖い・助けて」という気持ちを伝えようとしている場合もあります。

怖いからなのか、甘えているのか、どうして立ち上がっているのか状況を見て、もし怖がっているなら抱っこをして落ち着かせることも大切です。

 icon-star 愛犬におすわりをさせて落ちつかせる

愛犬を落ち着かせるために、「おすわり」をさせることも効果的です。

おすわりをしておとなしくしていれば、かまってもらえる・おやつをもらえる、「立ち上がってアピールしなくてもいいことがあるんだ♪」と覚えてもらうことができます。

モーリンのつぶやき

トイ・プードルを飼っていると、とにかく飛びつく行動に悩まされることも多いのではないかと思います。

二足で立つことは絶対してはいけない行動ではありませんが、愛犬の負担を軽減するためにも、できる限り二足歩行やジャンプはやめさせるようにしたいですね。

関連記事一覧