太りやすい犬の特徴とは? 肥満を見分ける方法はある?

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードル
気になる病気

Sponsored Links

かわいい愛犬が喜んで食べる姿を見たくて、ついおやつをたくさん与えていませんか?
犬も太りすぎてしまうと、肥満が原因で病気になったり、動くのを嫌がって運動不足になることがあります。
今回は、太りやすい犬種や肥満を見分ける方法を見ていきたいと思います。

太りやすい犬の特徴とは?

太りやすい犬に共通していること

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードル
愛犬が喜んでいるところが見たくて、おやつをあげる量が増えてしまったり、ドッグフードを食べないからと、ごはんの代わりにおやつを与えていませんか?

犬は太りすぎてしまうと、関節に負担がかかって痛みが出たり、糖尿病や心臓病を発症しやすくなります。

体重が増えてくると、犬は動くのを嫌がって運動不足になることもあるので、体重を減らしたくても、ダイエットが成功しないことがあります…。

太りやすい犬に共通していることは、おやつの量が多い運動が不足している避妊・去勢手術をした太りやすい犬種高齢犬で代謝量が減っているという点です。

避妊・去勢手術をすると、ホルモンバランスが崩れることで太りやすくなったり、高齢になると基礎代謝量は減るため、若いときと同じような食事をしていると体重が増えてしまいます。

肥満を見分ける方法とは?

動物病院でも見かけることがあるかもしれませんが、ボディ・コンディション・スコア(BCS)では、犬を触ることで、痩せているのか肥満なのかを確認することができます。

動物病院では、布がかかっていて、触るとごつごつしていたり(痩せている)、ふんわりしている(肥満)など、体型を確認できる模型が置かれていることがあるので、かかりつけの動物病院にあれば、ぜひ一度触ってみてください。

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードル

環境省自然環境局 「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」より引用

太りやすい犬種・太りにくい犬種は?

太りやすい犬種は?

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードル
太りやすい犬の共通点では、太りやすい犬種がいるといいましたが、猟犬や牧羊犬は肥満になりやすい犬種です。

猟犬や牧羊犬は、獲物を追いかけることを仕事にしていたため、運動量が多く食欲が旺盛です。

家庭で飼われている犬は、仕事をしていた当時のように、毎日走り回っていることはありませんが、食べる量はたくさん食べていた当時のままなので、肥満になりやすいようです。

また、犬は「食べられるときに食べないと、いつ食料が手に入るかわからない」というオオカミのときの習性があるため、目の前にあるものをすべて食べてしまいます。この習性も犬がさらに太りやすくなる要因です。

太りにくい犬種は?

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードルチワワなど運動量が多くない犬種は、胃が小さいため、肥満よりも食が細いことで悩んでしまうこともあるかもしれません。

トイ・プードルも個人的には、偏食になる傾向が強いのではないかと思うのですが、固いフードが苦手な場合はふやかしたりと、食が細いときは工夫をして食べさせることも大事ですね。

肥満にならないようにするためには?

飼い主さんの固い意志も大切です!

犬 太る 犬種 見分け方 痩せない 病気  ダイエット 散歩 太りにくい トイ・プードル
おやつを与えすぎてしまうことが、肥満の原因になることも多いので、飼い主さんの固い意志は、愛犬のダイエット成功には欠かせません。

まずは、愛犬の体重が何キロあって、どこまで痩せればいいのか目標を決めましょう。

飼い主さんだけで解決できないときは、正しい食事の量などを獣医さんに相談してください。

ダイエットを意識しすぎたり、肥満にしないようにと思うあまり、えさの量が少なすぎて、愛犬が痩せこけてしまっては、それも愛犬にとってよいことではありません。

 icon-star 成犬の食事回数は、1日2回が理想

 icon-star 唐揚げやポテトチップスなど、人が食べる油・塩分が多いものは与えない

 icon-star おやつは犬用のものを、決まった量を与える

 icon-star 体重を量るようにする

 icon-star 適度な運動をする

 icon-star ドッグフードは量って与える

モーリンのつぶやき

犬のダイエットには、専門の知識が必要な場合もあるので、愛犬が肥満になってしまったときは、獣医さんや食事の知識を持っているプロの方からアドバイスをもらって、二人三脚で進めていくことも多いようです。

愛犬が肥満になってしまわないように、食事の管理や適度な運動を行っていきたいですね!

関連記事一覧