愛犬から嫌われている…? 「おいで」と呼んでいるのに無視して逃げる理由とは?

犬 呼んでも来ない 逃げる 近くに来ない 反応しない 名前 振り向かない
問題行動・しつけ

Sponsored Links

愛犬に「おいで」と呼びかけても、聞こえていないかのように無視していたり、近くまでは来るものの逃げてしまったりという経験はありませんか?
なぜ、呼んでいるのに愛犬が来てくれないのか、愛犬の気持ちになって一緒に考えてみましょう!

愛犬が呼んでも来ない理由は?

愛犬は「おいで」に反応してくれますか?

わんにゃんポケット愛犬の名前を呼んだり、「おいで」と声をかけると嬉しそうにしっぽを振って、全力で走ってくる。

大好きな飼い主のもとへ、愛犬がいつも駆け寄ってきてくれる姿を、頭の中で思い描いているのではないでしょうか。

しかし、愛犬の名前を呼んでも反応が無かったり、「おいで」と呼べば近くまでは来てくれるけれど、そそくさと逃げてしまったという経験はありませんか?

「もしかして愛犬から嫌われているのでは!?」と心配になってしまいますが、愛犬が呼んでも来ないのは、いくつかの理由があります。

「おいで」と呼ばれて行ってみたら嫌なことをされた

犬 呼んでも来ない 逃げる 近くに来ない 反応しない 名前 振り向かない「おいで」と呼ばれて、飼い主さんのところへ行くと、おやつがもらえたり、ほめてくれたり、「おいで」は犬にとって、本来は嬉しい言葉のはずです。

しかし、「おいで」と呼ばれていいことがあると思ったのに、飼い主さんのところへ行くと、爪を切られた、シャンプーをされた、サークルに入れられた、叱られてしまった。

こんな悲しい経験を重ねてしまうと、「おいで」は嫌なことをされる言葉だと思い込んでしまいます。

「おいで=嫌なこと」ではなく、「おいで=嬉しいこと」と、愛犬に覚えてもらえるように、一緒に遊んだり、おやつをあげるときにたくさん「おいで」と呼んであげましょう。

「おいで」の意味を知らない

犬 呼んでも来ない 逃げる 近くに来ない 反応しない 名前 振り向かない
子犬のときに、「おいで」と呼んでも来ないのは、「おいで」の意味がわかっていないことがあります。

犬はとても賢く、200単語を覚えることができるといわれていますが、初めから言葉の意味を知っているわけではありません。

「子犬ですが、おいでと言っても来ないんです」という方がいますが、もちろんしつけをせずに、ただ「おいで」と言っているだけでは、いつまでも来てくれるようにはなりません。

「おいで=飼い主のところへ行く」ということを、しつけを通して愛犬に覚えてもらいましょう。

おやつなどを使って、「おいで」と呼んで愛犬が来たらおやつをあげる、またはおもちゃで遊んであげるなど、「おいで」は楽しい嬉しいことだと教えてあげてください。

遊びに夢中で飼い主さんの声が聞こえていない

犬 呼んでも来ない 逃げる 近くに来ない 反応しない 名前 振り向かないやんちゃで遊びたい盛りの子犬は、遊ぶことや興味のあることに夢中になりすぎて、呼ばれていることに気が付いていないこともあります。

「おいで」や「名前」を呼んでも反応しないときは、飼い主さんのところへ行くよりも、ほかに夢中になっていることがあるのかもしれません。

この場合は、無理に叱ったりせずに、「おいで」と呼んだときには来てくれるようにしつけを行って、来てくれたときにはしっかりとほめてあげましょう。

「おいで」のしつけはなぜ必要なの?

「おいで」はできるようした方がよい?

散歩をしているときに、リードを離してしまったり、またドッグランで愛犬を呼び戻すことができないと、愛犬が怪我をしてしまったり、犬同士のトラブルに発展する場合があります。

犬 呼んでも来ない 逃げる 近くに来ない 反応しない 名前 振り向かない
これらのトラブルを回避するためにも、「おいで」はできるようにしておきたいですよね。

まずは、室内にいるときに愛犬が落ち着いている状況で、「おいで」ができるようにしつけを行い、少しづつレベルを上げて練習していきましょう。

「おいで」のしつけをするときには、「おいで」「come(カム)」「来い」など、ばらばらの言葉を使うと混乱してしまうので、いつも同じ言葉を使うようにしましょう。

そして、近くに来てもすぐ逃げてしまっては、呼び戻しの意味がなくなってしまうので、最終的には「おいで」 icon-arrow-right 「飼い主さんのところに来る」 icon-arrow-right 「飼い主さんは愛犬の体を触る」 icon-arrow-right 「愛犬を抱き上げる」という、一連の流れができるようにしていきましょう。

モーリンのつぶやき

「おいで」と呼んでも来てくれないと、飼い主としては、嫌われてるのかなと悲しくなってしまいますよね…。

老犬の場合は、老化で耳が聞こえなくなってしまっていたり、体調が悪いときにも、呼んでも反応してくれないときがあるので、気になることがあれば獣医さんに相談してください。

関連記事一覧