ケンネルコフ(伝染性気管支炎)の症状・治療・予防法

犬 ケンネルコフ 治療 ワクチン
気になる病気

Sponsored Links

冬の寒さも感じられる今日この頃、インフルエンザや風邪が流行する季節になりました。
人間には風邪やインフルエンザなどがありますが、犬も風邪をひくことがあるのでしょうか?

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)ってどんな病気なの?

脅威の感染力を持つケンネルコフの症状と原因とは?

犬 ケンネルコフ 治療 ワクチンケンネルコフ(伝染性気管支炎)とは、伝染性の呼吸器感染症のことで、感染すると咳や発熱など、人間の風邪とよく似た症状があらわれます。

ケンネルコフは、不衛生な環境で飼育されていたり、体力や免疫力が落ちているときに、ケンネルコフに感染した犬と接触することによって、くしゃみなどの飛沫から感染します。

生後6週間から6ヶ月の子犬老犬は、体力や免疫力も十分ではないため、感染しないように注意が必要です。

また、お家に迎え入れたばかりのときには、環境の変化からストレスがたまって免疫力が落ちていることがあるので、1週間ほどはゆっくり休ませてあげることが大切です。

ケンネルコフの治療法とは?

犬 ケンネルコフ 治療 ワクチン気管が圧迫されているような咳をしていて、呼吸が苦しそうだったり、食欲不振、ぐったりしているなどの症状が見られたら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

獣医さんにケンネルコフと診断された場合は、まずは安静にして十分に栄養が取れるようにしてあげましょう。

ケンネルコフは、ほとんどの場合は栄養をしっかり取って安静にしていれば、1週間前後で完治します。

しかし、咳がひどい場合や肺炎などの合併症がある場合は、抗生剤や鎮咳剤、気管支拡張剤などが投与されます。

ケンネルコフは、空気が乾燥していてウイルスが増えやすい冬、特にこれからの時期は注意が必要です。

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)を予防するにはどうすればいいの?

感染力が強いケンネルコフを予防するためには・・・

犬 ケンネルコフ 治療 ワクチン
ケンネルコフは、不衛生な場所で過ごすことによって菌が発生したり、犬の免疫力が落ちることによって感染します。

そのため、1番大切なことは清潔な環境でわんちゃんを過ごさせてあげることです。

子犬や老犬は免疫力が十分ではないので、栄養の管理をしっかりと行い、感染の可能性がある犬との接触は避けましょう。

接触や飛沫によって感染するので、多頭飼いをしている場合は、1頭1頭の健康管理をしっかりと行ってください!

多頭飼いをしている方は、一匹が感染した場合は速やかに、愛犬同士の接触は避けて、感染している愛犬を触った後は、飼い主さん自身も手を洗ったり消毒をしたりして、感染が広がらないように注意してください。

ケンネルコフはワクチン接種で予防ができる? 接種はいつ頃にすればいいの?

犬 ケンネルコフ 治療 ワクチンケンネルコフは、ウイルスや細菌がなどの病原体がさまざまですが、「犬パラインフルエンザウイルス」と「犬アデノウイルス2型」は、混合ワクチンの接種で予防することができます。

生まれたばかりの子犬は、母犬にもらった抵抗力がついていますが、生後40日ほどすると抵抗力はなくなってしまうため、予防接種は必要不可欠です!

混合ワクチンは、1回目は生後60日頃、2回目はその3週間後、3回目はそのまた3週間後に行われ、その後は年に1回行われます。
3回目の接種を終えるまでは、抵抗力が弱く感染しやすいので、注意してくださいね!

ケンネルコフの咳に有効 咳を鎮めるハーブサプリメント

ニュージーランド産のペット用ハーブサプリメント(Cough Formula )は、風邪や気管支炎によるしつこい咳を鎮めるハーブサプリメントです。

ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)にも有効で、犬はもちろん猫にも使用できます。

ボトルに備え付けのスポイトを使って、体重1kgに対して2滴を、1日2~4回水または食事にまぜて与えます。
香味料や着色料、保存料などを一切使っていない、100%無添加なので安心して使用できます!

モーリンのつぶやき

ペットショップでは、たくさんの子犬を管理しているので、まれにケンネルコフなどの感染症にかかっている場合があります。

ケンネルコフは、引き取ったあとに発病してしまうと、治療費などは自己負担になることが多いので、感染していないか気になる方は、ペットショップの店員さんに、病の兆候がないか(咳・フラフラしているなど)しっかりと確認を取るようにしてください。

関連記事一覧